【教材】クリエイティブな映像作家スィリアック・ハリスそのアイデアの源とは

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

ヒトにモノを伝える情報系の番組作りが主な仕事でした。ニュースや情報を探しまわり、話を聞き、手に入れた素材をかみ砕いてわかりやすい映像にして人に伝えるという仕事です。

映像制作の仕事と一口にくくられますが、扱うテーマによって作り方は異なります。

とくに、ゼロからモノを生み出すクリエイティブな世界とは同じ映像制作といっても別世界です。芸術系の映像作りは、一般人とは一線を画したセンスが勝負だからです。

クリエイティブの深いところまでは届きませんが,この記事では、 クリエイティブ な映像づくりにも役立つヒントを紹介します。

クリエイティブな映像作家スィリアック・ハリスの世界

まずはこちらの動画をご覧ください。一見のどかな草原で憩う牛たち。この映像がとんでもないことに変化していきます。

cows & cows & cows

この動画は、2010年に発表され、5,417万回再生された映像「 cows & cows & cows 」作者はイギリス・ブライトン在住の映像作家スィリアック・ハリスさんです。

超現実的かつサイケデリックなスタイルで、生物や人物の一部分がフラクタル幾何学や対数スケールに基づいて無限に増殖するようなモチーフがよく現れるのが特徴です。

Baaa

こちらは、2011年に発表され、2,872万回再生された映像「baaa」。

素材として用いられる写真や映像は、風景や動物。そしてイギリス的なモチーフです。「牛や羊といった動物は人と違って許諾を得る必要がないから」とハリスさんは語るように、日常目にするどこにでもある素材です。

「こういう作品を作るからこれを撮ろう」と考えるのではなく、「カメラを持っている時に歩いて時に撮影した素材を、退屈な時にコンピューターに読み込んで、『なんか変なことをしてみよう』といじってみる」というのがハリスさんの流儀なのだといいます。

クリエイティブ な映像づくりの素養は誰にでもある

映像制作がはじめての方で、今まで映像作品をあまり作ったことがない方ほど、どこからどうやって映像作品をつくったらいいのか迷います。

しかし、ハリスさんの作品を見ると、自分が思ったこと、感じたことを思いのままに表現していけばいいこと。つまり、表現には正解がないことが実感できます。

スィリアック・ハリス インタビュー映像

ハリスさんは1998年に大学でアニメーションの学位を取得後、会社勤めをしながら退屈な日々を過ごしていたといいます。

しかし、インターネットやPhotoshopなどに出会い、アニメ制作の世界にカムバックを果たしました。

映像素材を撮影することから始まり、それをコンピューターに取り込み、Adobe After Effectsを使って加工する中からオリジナルな作品作りの道に歩み始めました。

After Effectsが広げた可能性

数々の奇怪なアニメーションムービーを生み出してきた奇才「Cyriak」に迫るドキュメンタリー – GIGAZINE

ハリスさんの創作を支えたのはAdobe社の映像加工ソフトAfter Effectsです。

素材となる映像をコラージュのように画面に張り付け動かすことができます。

サウンドはFruityloopsというソフトウェアで作成。1)FLStudioとは、ベルギーImage-Line社が開発販売しているDAWである。日本国内では株式会社HookUpが販売代理を行っている。

画面に素材を貼り付け、作曲した音をもとに自由に動かしながらハリスさんは新しいアイデアや独創的なイメージを動画に表現するようになりました。

その作品は認められ数々の賞を受賞。YouTubeで公開されると同時に数多くの人の関心を集めました。

After Effects Sunday Stream: Baaa!

After Effectsを使うようになった今でも、作品のイメージは固定していません。

今でもAfter Effects を使いながら発見したヒントをもとに、自分の学びをアップデートし続けているといいます。

習得すべきは創作を支える技術

ハリスさんの「After Effects Sunday Stream: Baaa!」を見ていて思うのは、豊かな発想を支えるのはやはり技術であることがわかります。

タイムラインに載ったレイヤーやエフェクトの膨大な数を見ると、作品づくりは圧倒的な作業量と積み重ねの上に築かれたもの。パッとひらめいただけで完成するようなものではないのです。

積み重ねを支えるのは表現したいという強いモチベーションです。

After Effectsを使いこなすには、毎日の訓練であることを痛感します。たとえていうなら筋トレのようなもの。一度知識を学んでも実際に体験してみないことには身につかない世界です。

早く身につけたい方は独学もいいのですが、スクールに入った方が結果的に早道です。疑問があればすぐに誰かに相談できるし、同じレベルの仲間と交流ができるからです。

クリエイターを目指す方は、強いモチベーションとモチベーションを支える技術の両方を鍛えることが大切です。

私もこれからチャレンジしたいと思います。

6ヶ月で未経験から動画クリエイターになる!【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

References   [ + ]

1. FLStudioとは、ベルギーImage-Line社が開発販売しているDAWである。日本国内では株式会社HookUpが販売代理を行っている。