【初心者】動画クリエイターが身に着けたい収入安定方法

収入安定法
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画制作を請け負ったはいいけど、単価が上がらない悩みを抱えたことってありませんか。
個人的なコネや、クラウドソーシングなどで仕事は見つけやすくなったものの、
安値で受注してしまうと、後から単価をあげるのは大変です。

収入を安定させるために身に着けたいのが「営業力」「交渉力」という金銭感覚です。

動画クリエイターの悩み

駆け出しの動画クリエイターが共通して持つのが価格交渉の悩みです。

クリエイターが持つ価格交渉の悩み
  • 個人では相場がわからないので交渉が難しい
  • 単価は決まったもののやり直しが多く、時間単価が下がった
  • 自分の中で最低単価を決めてそれ以下では受けないと決めた
  • 営業が苦手で自分にあった仕事が見つからない

個人的なコネや、クラウドソーシングで仕事を見つけたけど、安値で請け負ってしまったり、値切られたりして足元を見られるという話をよく聞きます。

動画制作には定価がない

私も動画制作を始めたばかりの頃、仕事探しに苦労しました。
クラウドソーシングに登録したり、広告動画のパイプを作るため企業と交渉したりしましたが、成果に繋がりませんでした。
その経験からわかったことは、動画制作は定価がないということ。
仕事を依頼する側も受ける側も慣れない価格交渉が負担になっていたのです。
そこで視点を変え、地域の動画発信を初めて見たところ、興味を持ってくれる人が出てきました。

動画制作は簡単に儲からない

ネット上には動画制作は儲かるという記事があふれています。
しかし、仕事の見つけ方や価格交渉のしかたまで書かれている記事はあまり見かけません。
そのため、いざ動画制作を始めてみたが「思うような仕事が見つからない」とか、
「作業時間に合わない価格で仕事をさせられた」といった悩みが生まれるのだと思います。

自分に定価をつけよう

その理由は、動画制作は単純に時間単価で測れない要素から成り立っているからです。
動画制作は、単純作業とクリエイティブな作業がまじりあった仕事です。
ですから価格の交渉に際しても、仕事を依頼する側と仕事をする側が納得の上で取り掛からないとうまく行きません。。

仕事と収入を考える上で「ものさし」としたいのが、自分の価値である、時給単価です。
東京都の場合、最低賃金は時給1013円です。

最低賃金制度

この金額を実働時間にあてはめて計算すると、仕事が割に合うものか否かがわかります。

例えば1本の動画編集を五千円で請け負ったとします。5時間以内の作業で納品できる仕事であれば妥当な金額ですが、自分の時間単価が上がったり、作業時間が超過すると妥当な金額とは言えなくなります。

自分の時間単価は自分の持つスキルと連動します。誰でもできる単純作業だけでは単価が上がらなくても、デザインや構成といった得意技を持てば単価交渉ができるのです。

「カット編集と字幕テロップ入れだけの単純作業が中心の講座もの」とか「After Effectsを使ったアニメーションと、BGMの選曲付きの3分動画」とか

仕事の中身に応じて時給を決めましょう。

単価と時間でサービスの価格を説明できると、仕事を依頼する側も安心できます。このレベルの品質を期待するには、こけだけの手間がかかるということが瞬時に理解できるからです。

全体の仕事量がわかると、配分もできるようになります。

不要なコストを削って必要な場所に分配することができると、依頼する側の学びにもつながります。これは自分に定価をつけることです。

この単価を作業時間に掛け合わせ受注の段階で見積合わせをすることをお勧めします。

収入を安定させるヒント

仕事を得るための早道は、「あの人に任せたらうまくいく」という信頼を得ることです。自分の志向やスキルに合った仕事は人とのつながりの中でしかやってきません。

クリエイター収入を安定させる三つのヒント
  • ブランディング・自分のアピールに力を入れる
  • 注文に対して期待以上の結果をだす
  • 受注先を一つにせず複数持つ

商品をどうやって通りすがりの人に売り込むか。クリエイターといえども営業感覚を身に着けておいた方が得です。

おススメしたいのが、自分がこれまでに手掛けた作品を見やすく整理しましょう。YouTubeのサブアカウントを使ってポートフォリオをつくるのも有効です。

発注者の期待を超える成果を出すことは、信用をつくることであり、次の仕事につながります。複数の仕事を持つことは仕事を請け負う自分自身の安心につながります。

収入を安定させるために

現役クリエイターの持つ最大の悩みはお金のこと。「営業力」「交渉力」を磨きあげましょう。営業力を売げるためには自分のスキルを見える化して商品説明ができるようにすることがポイントです。

収入にめどがついたら支出の削減にも取り組みましょう。

特に身に付けたいのが「税金との付き合い方」です。クリエイターの仕事は特殊なので一般向けに書かれた税金の本では必要な情報が不足している場合があります。

そこでオススメしたいのが「お金と確定申告Q&A」です。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。