Photoshopで画像を切り抜く方法【初心者】レイヤーマスク

Photoshop切り抜き
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

サムネイルづくりなどで覚えておくと超便利なのが、画像の一部を切り抜く方法です。定番ソフトPhotoshopには切り抜くだけでも様々な方法が用意されています。今回は初心者でも簡単に切り抜ける”レイヤーマスク”を使った方法をご紹介します。

レイヤーマスクとは

レイヤーマスクとは、画像の一部を隠すことができる機能です。

人物の切り抜きなどのように正確な境界線が求められる場合や、輪郭線をぼかして背景になじませたい場合に使います。

レイヤーマスクの概念図
基本がわかる!レイヤーマスクの使い方 | psgips

切り抜きたい画像の下にレイヤーマスクという一種のフィルターを置きます。残したい部分は白、削除したい部分は黒に塗ると、その結果が反映され上に置いた画像がくりぬかれるというものです。

画像切り抜きのもっとも手っ取り早い方法は、[オブジェクト選択ツール]で切り抜きたい部分を囲うこと。自動的に輪郭線をソフトが特定してくれるので、あとはCtlr+CとCtrl+Vで別レイヤーに複製するだけ。すると余分な部分が抜けた画像ができるのでPNG形式で書き出します。

ただし、この方法は余分な部分は完全に削除されてしまうため、残したい場合は下記の方法をつかうと便利です。

レイヤーマスクを設定するのは超簡単。photoshopのレイヤーを開き、切り取りたいレイヤー(この場合は男のイラスト)を選択、

画面下のレイヤーアイコンをクリックします。

すると画面に鎖のようなマークで繋がった白いアイコンが現れました。これがレイヤーマスクです。このレイヤーマスクを黒く塗ると画面が透明になる仕組みです。グレースケールといって白黒灰色の濃淡でピクセル単位で透明度を変える仕組みです。

対象物の輪郭を切り抜く時便利なのが[オブジェクト選択ツール]です。このアイコンをクリックして対象物の周囲を囲むとソフトが自動的に判断して輪郭線を引いてくれます。

[オブジェクト選択ツール]で引いた境界線は内側にグレースケールをせっていすることができます。そのためこのまま黒く塗ると人物が消えてしまいます。

そこで選択範囲を反転します。[選択範囲][選択範囲を反転]をクリックします。

ブラシツールで範囲を塗っていくと、塗った部分が透明になり背景の画像が見えるようになりました。

レイヤーマスクを作成すると、マスク領域は透明ピクセルに置き換えられます。

背面に画像がある場合は、透明部分に画像が表示され、前面のマスク画像 (切り抜き画像) と合成されるのです。

もとに戻したい場合はブラシの透明度をゼロ、つまり白にして塗ります。レイヤーマスクで隠された部分は、見た目は透明ですが元画像のまま変わらずに残っています。

それまでの作業を白紙に戻したくなったら、画像の横にある鎖のまーくを削除した上て、白いアイコンを選択してゴミ箱をクリックします。あとからいくらでもやり直しがきくいちばんわかりやすい切り抜き方です。

まとめ

作業が終わったら、Ctrl+Shift+Alt+Sで画像として保存しましょう。サイズの変更もこの操作で出来ます。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。