【選書】コンサルが推める「ビジネスYouTube入門」

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

企業の経営者、個人事業主などで、ビジネスに動画を活用したいと考えている方が増えています。でも大半の人は「トークが苦手で」とか「撮影や編集のスキルがなくて」なんて言い訳でチャレンジする人は一握りです。

トップYouTuberを目指す必要など微塵もありません。下手でもいいから数撃つこと。あなたの作った動画なんか誰も見ていません。開き直ってはじめて見てくれる人が現れます。

ビジネスYouTube入門

「ビジネスYouTube」とは、Googleでの検索を重要視し、タイトルや説明欄、タグなどにこだわった動画を作成し、セオリーに則った形で販促から成約までフルに活用する方法なのです。ユーチューバーとしては重要となる、タレント的な要素や、豊富なトークのバリエーション、もちろん容姿が優れている必要もありません。必要なのは自分のお店、会社のポイントを本書で解説した方法で見極めることと、正しいビジネスYouTube活用を継続すること、それだけです。

ビジネスYouTubeというと、投資解説動画などのセミナー動画や、やってみた系の実演動画、商品解説動画などが知られています。いずれもプロ専門家が熟達のトークで語りかけたり、中身の濃い情報を整理して伝えたりするもので、初心者が挑んでも太刀打ちできるものではありません。

本書は、そうした高品質なビジネスYouTubeを目指すものではありません。
顔出しなし、専門知識が薄くても大丈夫。
「もっと楽な気持ちで使い倒すうちに、ビジネスの成果が上がってくる」
経営コンサルタントが事例を紹介しながら超初心者向けに解説した入門書です。

読者対象は普通の商店やメーカー、個人事業者やフリーランスの方。
商売は達者だけどタレントになるのは無理という人の能力を少し引き出してくれる方法がまとめられています。

本書のポイントは、YouTube動画はテレビや映画のような作品としてとらえるのではなく、ブログやツイッターのように軽く考えること。作品として作りこむのではなく、数打ちゃ当たる式に粗製乱造でもいいので数打つこと。動画のタイトルだけにはこだわることだと言います。

著者の菅谷信一さんは一貫して小さな会社や小売店などの売上アップを図るために全国を駆け回る講演家です。菅谷さんにとってYouTubeは売り上げを上げるための道具に過ぎません。

売上アップを図るために必要なのは、1)自分のお店、会社のポイントつまり経営戦略を見極めることと 2)伝えたい客層に届くような正しいビジネスYouTube活用を続けること、この2点を正しく実践することだと言います。

尻込みしていてはいつまでたっても始まりません。「編集は繋がればいい」「顔出しはナシで結構」。とにかく第一歩を踏み出すために、目を通して欲しい本です。

菅谷信一 1969年、茨城県笠間市生まれ。獨協大学外国語大学卒業後、日立製作所関連会社で人事・教育を担当。建設業、製造業、サービス業など幅広い業種で、YouTube動画を活用した集客法を企業に支援する。全国で年間70回ほど開催している。