ネット動画配信・音楽使用の条件とは

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

映像作品の品質を高める上で使いたいのが音響効果です。音響効果というくくりには効果音と楽曲利用が含まれます。たまに聞くのが「市販のCDを利用したネット掲載のことです」。音楽の権利処理については様々なルールや制約があるので注意が必要です。

放送局の場合は権利者団体と包括契約を結んでいる上、権利処理の担当窓口もあることから、制作現場の担当者は使った楽曲とその時間などを報告用紙にまとめるだけで事務処理にタッチすることはありません。しかし、個人で権利処理をすることになるとそれだけで相当な手間をかけざるを得ないと思います。

YouTubeには権利フリーの楽曲が使えるサービス【YouTube オーディオライブラリ】があります。面倒な手間をかけたくないなら迷わずそれを選んだ方が得策です。

【著作権が絡む落とし穴】YouTubeで有名な音楽を利用はできるの? | プルークスの動画アカデミー

映像作品に楽曲を使用したい場合は使用料を払う必要があります。

JASRACなどの”著作権を管理している事業者(団体)”を確認し、報告または権利処理をします。

動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 JASRAC

サイトを見て分かるように、利用には手続きや条件があります。けっこう厄介な作業です。

  • 音源制作者の許諾を得ること
  • アップロードできるのは限られた動画投稿サイトであること
  • 商用か非商用かによって扱いが変わること

このほかにも外国曲の利用については別途手続きが必要など、知らずに使用するとあとから問題になる事例がたくさんあります。

動画配信(商用配信) JASRAC

許諾がとれた場合でもかかる使用料金が気になります。サイトには最低使用料の記載がありますが、それによると”情報料および広告料等収入がない場合の使用料は、年額50,000円です。この場合において、送信可能化する日数が1年に満たない場合は、利用曲数にかかわらず月額5,000円に予め定める利用月数を乗じて得た額とすることができます。”とあります。

月額五千円をかけてまでコストが見合うかどうかは、それなりに固定客が増えるまでじっくり見極める必要がありそうです。

著作権を管理している事業者(団体)のビジネスモデルは、放送局などの大口の利用者を前提にスタートしたものなので、がっちり商業ベースの映像に使用する楽曲も、アマチュアが楽しみで作る動画も同じような権料がかかる点は、フリーミアムやサブスクリプションの時代には、時代遅れの商売のような気もします。

無料で使える音楽素材

オーディオ ライブラリ – YouTube

フリーBGM(音楽素材)無料ダウンロード|DOVA-SYNDROME

騒音のない世界

全曲無料・フリー音楽素材/魔王魂

BGM素材 ピアノ曲

最新公開作:フリー音楽素材|SHWフリー音楽素材

最新公開作:フリー音楽素材|SHWフリー音楽素材

フリー無料のBGM素材・音楽素材「甘茶の音楽工房」

フリー音楽素材トップ | フリーBGM・音楽素材 MusMus

SHWフリー音楽素材

無料・ロイヤリティーフリーの音楽・BGM・効果音素材をお探し、または安価でオリジナル楽曲、音楽制作をご検討なら 著作権フリーの無料音楽素材ダウンロードサイト「ミュージックノート」

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD : ハートレコード

ファミコン風オリジナル音楽素材 PANICPUMPKIN

フリー効果音 ジングル素材

アコースティックなフリー音楽素材・BGM素材「ノスタルジア」

無料音楽素材 煉獄庭園

Senses Circuit | フリーBGM(ループ)・効果音・ジングル・歌もの音楽素材・無料ダウンロード

蒼月音 – Free BGM & Sound Production –

利用規約|OtoLogic

まとめ

アップルがiTuneをはじめCDがネットに置き換わったように、いずれ小口ユーザーにとって使いやすいモデルが現れる日も遠くないような気がします。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。