YouTuberへの最短距離ソニー「RX0II」は買いか?

こんにちはフルタニです。放送局で番組作りをしてました。

慣れ親しんだ放送の世界から離れて、学び直しながら映像制作を続けています。悩ましいのはカメラマンがいないことです。すべて自分でやらなければなりません。

新兵器登場?!

手っ取り早く動画を作るためには自撮り撮影ができるカメラが欲しいところ。そこに飛び込んできたのが新製品発売の情報です。


We just got this image teasing the product launch of the new RX0II. The camera is very likely going to be announced on March 25-26. There should be no other product announced on that day.
私たちはこのイメージを持って、新しいRX0IIの製品発売を迎えました。 カメラは3月25-26日に発表される予定です。 その日に発表された他の製品はないはずです。


24mm相当の広角レンズ 、チルト液晶、4K30p動画撮影、ソフトウェアでの手ぶれ補正 、 外付けマイクを使って高音質での録音や、最大2倍ズーム が可能なコンパクトデジタルカメラ。 3月29日10時受注開始、4月12日発売 のこのカメラ。自作自演を中心としたYouTuberなどのVlogファンには必携のカメラになるような気がします。

メリットは

  • 自分を撮影中のカメラの近くに可動式のモニターがあるので、鏡を見るように撮影された内容を確認できる。
  • 最短撮影距離が 従来の50cmから20cmとなり、自撮りやテーブルフォトにも使える。

詳しくはdrikinさんのチャンネルを見れば使用感がわかりやすくリポートされています。

アマゾンでRX0IIを探す

デメリットは

取材用として想定している私としては、余分な機能は極力削りたいところ。気になるのは2点です。

  • 店頭予想価格は85,000円前後 という価格設定。やや高すぎないか。
  • 連続撮影時間は4K録画(XAVC S 4K/30p/60Mbps)では約45分で、「標準」の場合は25分で停止する。

見せたいものをカメラに近づけて撮影し、ブログのように日記を文章ではなく動画で撮って投稿するVlog愛好家には垂涎の機体になるような気がします。

撮影機材がないと絵が撮れません。しかし、機材は高いのでおいそれと手が出ません。そんなときはレンタルをして自分に合った機材を探しましょう!

ビデオカメラ