有償版DaVinci Resolve Studio 感想

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。有償版DaVinci Resolve Studio を書きます。

DaVinci Resolve17は無償版でもそこそこ不自由なく使えます。

動画制作の経験を積むに従い、撮影した映像のカラーコレクションやグレーディングといった作業の需要も増えることが予想されます。

そこでライセンスキー版のDaVinci Resolve有償版(Blackmagic Design DaVinci Resolve Studio)に切り替えることにしました。

インストールの手順

有償版を購入するとDaVinci Resolve17 Studioのシリアル番号が記録されたカードが届きます。

カードの裏面にはインストールの際必要なアクティベーションキーが記載されています。

さらにDaVinci Resolve17 Studioのインストーラーが入ったSDカードもついています。

※SDカード付属のバージョンは最新のMacOSであるBig Surには対応していないので最新版をダウンロードした方が良いという情報があります。

無償版から移行の手順

有償版は無償版と違うソフトです。

DaVinci Resolve Studioのライセンスはバージョンが変わったとしても一度手に入れたライセンスは引き継がけるので、バージョンアップされても追加料金は発生しないといいます。

そのため無償版から有償版に移行するには無償版をアンインストールしてから有償版をインストールする必要があります。

無償版をアンインストールしても、無償版で作成したプロジェクトファイルはそのまま残されます。

無償版をアンインストールしたら、BlackMagic DesignのサイトからDaVinci Resolve17 Studioをダウンロード展開します。

インストールする際個人情報を聞かれるのは無償版と同じです。

シリアル番号を入力。

さらに初回起動時にアクティベーションキーの入力を求められます。

有償版のライセンス注意点

自宅と職場で作業することが多いのでライセンスが気になります。

ライセンス
  • アクティベーションキーを入力することで最大2つの環境で同時使用できる
  • 3つ目の環境から認証すると二つの認証が両方とも解除される

最大二つのPCから編集ができることがわかりました。

有償版と無償版の違い

ソフトウェア的には有償版と無償版はまったく異なる構造になっているのだそうですが、インターフェイスは見た目変わりません。

明らかに変わっているのは、無償版では選択できなかった30近い機能が使えるようになることです。

  • フェイス&ビューティー(レタッチ)ツール
  • レンズ歪曲収差
  • フィルムグレイン
  • フィルムダメージ
  • レンズフレア
  • デフリッカー(ちらつき除去)
  • モーションブラー(被写体ぶれ)

無償版では誤ってクリックすると「有償版だけのサービス」され、いちいち消す手間がかかっていたのがなくなりました。

また、見えない部分でもメリットがあります。

「XAVC HS: MPEG-H HEVC/H.265」などの録画モードで収録された動画は無償版では開くことができませんでしたが、有償版では開くことができます。

レンダリング時間

Windowsの場合、DaVinci Resolve Studio有償版はH.264/H.265のエンコーダー、デコーダーが使えるのがポイントです。これがあるのとないのとではレンダリング時間が全然違います。これは別にGeForceの型番によって違いはないので、安いGeForceでもこのハードウェアエンコーダーが搭載されていればH.264/H.265の書き出しは速いです。

ダビンチ一問一答 〜DaVinci Resolve 17に関するよくある質問2021〜 | Vook(ヴック)

有償版のみで得られる感動的な機能

D-Studioさんのレビュー動画でも紹介されたように一度使ったらやめられない機能の中から五つ紹介します。

ResolveFXのオブジェクト除去機能

動画の中に移りこんだ不要な部分を消し去る機能です。

一般的にはマスクをかけたりして消すしかありませんがワンタッチで消すことができます。

ビューティとフェイス修正

影をした人物の肌の荒れやしわなどを一瞬で修正する機能がビューティです。

フェイス修正は被写体の顔の輪郭や目鼻の位置を読み込んでAIが修正を加えてくれるもの。

顔の部分をピンポイントで修正してくれます。

MagicMask

MagicMaskはマスクの作業を大幅に効率化してくれる機能です。

映像の中の人物をDaVinci Resolve17 StudioのAIが瞬時に識別して指定した部分にマスクをかけてくれます。

つまり背景から切り抜いてくれるのです。

ResolveFXレンズフレア

編集段階で人工的に光源をくわえてくれる機能です。

ノイズ除去

夜の撮影や室内などの撮影でISO感度を上げて撮影すると問題になるのが画面のチラつき・ノイズです。

このノイズを有償版では除去してくれます。

時間的ノイズ除去、空間ノイズ除去、モーションブラーと大きく三つに分かれています。

DaVinci Resolveの無料版と有料版の違い【実際に使って感じた有料版の価値とは?】 – モバイル動画クリエイターズ

まとめ

有償版と無料版の処理速度の違いは明らかに違います。

有償版ではGPUをより効率的に使う仕組みに構築されているようです。

無料版を使って処理が遅いと感じられる方は有料版を検討してみるのもありかもしれません。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ