YouTube収益化!道は二つある【傾向と対策】

ノラ猫撫でて百万回再生!

こんにちは、フルタニです。放送局で番組づくりをしてました。

YouTuberをめざすというと、「大ヒットする動画が作れるのは一握りの人」「食べていけるのも一握り」と言われます。人気のある実力者でないと稼げません。YouTubeで収益を上げられるようになるには少なくとも100本以上の動画を作って固定ファンを獲得しなくてはなりません。そんなのは無理です。

無理だからとあきらめてしまっては先に進まないことはわかっています。そこでこんな動画を作ることにしました。

地域のイベントを紹介する企画です。地域の人の依頼を受けて地域の人のために動画をつくる。実はこれがYouTubeを使った収益化の方法です。

人に喜んでもらう動画を作ること。それがYouTube収益化!の一つの方法です。

動画が簡単にできる時代です。とはいっても一般の人には映像を記録として編集することは簡単なことではありません。自分の代わりに動画を作ってくれる人がいたら頼みたくなるのが記録動画の世界なのです。制作する側から考えてもチャンスです。大ヒットするような作品を目指す必要はないからです。つまり映像制作の需要は掘り起こすことはできるのです。

動画を使った広報活動をしてみたい人や、情報発信を外部委託したい人に向けて書きます。

なぜ情報系動画なのか

Embed from Getty Images

YouTubeに投稿される動画の多くはネタ系の動画、つまり知識や才能を動画を使って表現するものです。知名度のあるキャラクターにはテレビで活躍する芸能人以上のネームバリューがあることもよく知られています。

それに対して、情報を発信することに特化した動画も最近注目を集めています。ゲームの攻略法とか、デザインソフトの使い方などの講座系と呼ばれているジャンルです。

YouTubeの方針はユーザーの利便性を高めることにあると言われます。そのためたまに大きな方針の変更が行われ、怪しげな動画や反社会的な動画が排除されています。ユーザーの利益に合わせた動画制作がこれからの主流になると思われます。

動画のニーズは増えている。でも人は足りない

Embed from Getty Images

情報系の動画。例えば地域のイベントやニュース、お知らせの発信の需要は増えているのでしょうか。私は置き換わっていくと思います。

大前提としてマスメディアはよほどのバリューがない限り地域の情報は伝えません。理由はコストがかかるからです。情報を発信したい側にしても手間とコストがかかることから動画というメディアに手を出すことをためらってきました。紙のメディアを使う方が安上がりだったからです。

マスメディアはよほどのバリューがない限り地域の情報は伝えません。理由はコストがかかるからです。情報を発信したい側にしても手間とコストがかかることから動画というメディアに手を出すことをためらってきました。紙のメディアを使う方が安上がりだったからです。

ところが伝達手段に大きな変化が訪れています。例えば都市部で整備が進む駅のホームドア。街中にデジタルサイネージの環境が整い始めました。さらに高速通信の切り札5Gが登場します。劇場用映画を3秒でダウンロードできる時代に動画のデータは爆速かつ爆安になります。

動画制作にかかるコストはどうなのでしょう。検索で[動画制作 料金]を調べると動画制作の相場を知ることが出来ます。

  • インタビュー撮影 1万~15万円
  • セミナー・ イベント撮影 5万~70万円
  • webムービー制作 20万~80万円
  • 会社紹介 PR映像制作 25万~100万円
  • テレビCM制作 50万~300万円

委託元から見ると決して安くない価格です。値段に幅があるのは動画の内容に大きな差があるためです。委託元が求めるクオリティが高ければ動画制作の費用は上がります。クオリティよりも情報が伝わればいいというレベルであれば、私が作った動画のような制作費用でつくれる場合もあります。

動画制作が一部のプロに独占されていた時代はもう一桁ちがう相場でした。

今では高性能の撮影機材が安く手に入るようになりました。編集ソフトも無料で使うことができます。配信するプラットフォームも無料。足りないのは編集スキルを持った人材だけ。しかし、番組の制作スキルもその気になれば独学で身に付けることができます。

私にはこの価格帯がそのまま続くとは思えません。通信と技術の進歩が妥当な価格も変化していくはずです。

YouTube収益化への道

YouTubeの収益化のハードルは2018年の改定により飛躍的に難しくなりました。チャンネル登録者数の基準が1000人以上というのは、人気ブロガーや組織的なチャンネル以外は達成まで数年単位の時間が必要です。

ですからチャンネルの視聴時間に応じて広告収入を期待する道はあてにせず、動画制作能力を磨き、YouTubeを自分の履歴や能力を周囲に伝えるための作品集。つまりプォートフォリオとして利用するのが正しいやり方だと思います。

参考となる価格帯はセミナー・ イベント撮影 5万~70万円。このレベルであればカメラマン兼ディレクター兼編集者でも交渉次第で成立する案件です。会議室レベルのセミナーであれば撮影一日。MAXカメラ3台程度で撮影できます。自分の要員コストを時給四千円と換算するとトータルな制作費(機材費別)が見えてきます。

信用が繋がりと信頼を産みます

Embed from Getty Images

さらに重要なのは継続性です。地域からの依頼は案件としては大きなものではありませんが、無形のメリットが隠されています。それはつながりです。

地域には地域のネットワークがあります。そこでは様々な情報が口づてで交換されています。信頼も価値として交換されることから可能性が広がるのです。

特に動画制作というジャンルは始まったばかりなので注目度は高い分野です。実績次第で認められる可能性は大きいのです。

まとめ

地域の映像制作は一昔前までは、定年後のビデオおじさんが余暇として楽しむジャンルでした。しかしこれからは誰でもコストをかけずにテレビ局レベルの映像作品が作れる時代です。

趣味として楽しむのもアリですが、地域に貢献するのであればビジネスとして責任を持って取り組むのもやりがいのある仕事です。過去を懐かしむのではなく、未来を楽しむ姿勢で取り組みたいものです。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。