クリップの挿入 方法DaVinci Resolve

フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 クリップの挿入 を書きます。

タイムラインに並んだクリップに、別の クリップの挿入 したくなる時ありませんか。

直感的に編集していると、そんな時タイムラインに並んだ編集済みのクリップを範囲指定して横にずらすことをよくやりがちです。

でも編集点が多くなるとマウスで範囲指定するのも大変です。

そんな時は指定した場所にワンタッチでインサートする基本技があるので利用しましょう。

マウスでインサートする方法

やり方は次の通りです。

まず、インサートしたい素材をメディアプールに取り込みます。

先頭部分に「青いクリップ」をインサートしたいときは、

「青いクリップ」をマウスで掴み、そのままプレビューウインドウの右端までドラッグします。

すると、画面右端から「インサート」専用のメニューがスライドインしてきます。

専用メニューには上から

  • 挿入
  • 上書き
  • 置き換え
  • フィットトゥフィル
  • 最上位トラックに配置
  • 末尾に追加
  • リップル上書き

以上の項目が並んでいます。

その中の「挿入」にドロップします。

するとプレイヘッドの直前に「青いクリップ」がインサートされました。

インサートしたいクリップはドラッグしてインサートメニューに落とし込む。

基本これだけで簡単にインサートできます。

プレビューウィンドウの右にインサートウィンドウが隠れていることを知っている人は少ないので裏ワザの一つといってもいいでしょう。

末尾にインサートする

末尾にインサートしたいときは、プレイヘッドを末尾にもっていきます。

「赤いクリップ」を末尾にインストールするには、「末に追加」部分にドロップします。

すると、「赤いクリップ」が末尾にインサートされました。

別トラックにインサートする

別のタイムラインにインサートすることもできます。

「最上位トラックに配置」に「黄色いクリップ」をドラッグします。

すると、上部のトラックのプレイヘッドの位置にインサートされました。

リップル上書きもを選ぶと、クリップがリップル削除を伴って置き換わります。

フィットトゥフィルは、タイムライン上のクリップと同じ長さで入れ替わってくれます。

一度覚えてしまえばなんてことない技の一つですが、ガイドブックなどであまり取り上げられない技なので、結構知らない人がいます。

ぜひご活用ください。

動画で確認したい人にはこちらが参考になります。