編集を秒速に効率化するショートカットキーDaVinci Resolve18

ショートカットキー
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 ショートカットキー を書きます。

映像編集の効率をあげたいと思いませんか。

速度アップの早道はショートカットキーを覚えること。

一つ覚えるだけで、編集の手順が整理できるので、時間も短縮できます。

カット編集 基本のショートカットキー

エディットページで編集する時、ブレードを選択してカットし、マウスで尺詰めする方法がよく使かわれますが、工程が多く疲れます。ショートカットキーとリップル削除を組み合わせることで大幅に工程を省略することができます。

  • ブレード:Ctrl + B
  • リップル削除:Delete or Shift + Backsapce
  • 削除:Backspace
  • クリップを先頭から現在位置までリップル:Ctrl + Shift + [
  • クリップを末尾から現在位置までリップル:Ctrl + Shift + ]

例えば、クリップを三分割して真ん中のクリップを削除し間を詰めるには、Ctrl+Bでクリップを割り、削除したいクリップを指定した上でShift + Backsapceを押せば自動的に間が詰まります。

もっと効率化したい場合は、二回目のカット点をCtrl + Shift + [を押して間を詰めるというやり方です。

さらに効率化したいときは下の動画を参考にキーボードをカスタマイズして自分用のショートカットキーを作ることもできます。

カラー 基本のショートカットキー

カラーグレーディングなどを行うようになってからでも遅くないのがカラーのショートカットキーです。

  • Zキー 拡大縮小されたモニター画面を元のサイズに戻す
  • 矢印キー 見たいクリップを切り替える
  • Alt+S ノード(シリアルノード)を追加
  • Ctrl+D ノードのオンオフ

まとめ

よく使われるショートカットキーは様々なチュートリアルでも紹介されているので、紹介されている回数が多いものから自分のものにしていくと効率的です。

リップルトリム、自動選択ボタン、リンク選択、属性のペースト、ペースト挿入などが解説されています。

カット点から後ろのカットを全選択して移動したい場合はカット点にシークバーを置いてAlt+Yを押すという使い方。

カット点に別のクリップを挿入したい場合は、挿入したいクリップを選択して、カット点でShift+lt+Vする方法などはよく使うことになるので知っておくと便利です。