動画勉強会でスキルを磨こう

動画勉強会
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

YouTybeに投稿されるコンテンツの質が上がっています。

若い人たち向けのコンテンツもさることながら、注目されるのが社会人向けのコンテンツです。情報や知識を伝える動画など、どちらかというと地味なコンテンツにも光が当たり始めています。

こうした動画は編集やコメントなどに時間がかかることから、一人で作ろうとすると結構たいへんです。芸術作品を作るわけではないので早く作れるにこしたことはありません。

放送局では、取材、構成、編集とそれぞれの段階で関係者が集まって知恵をだしあうため仕事は早く進みます。

私たちは放送局ではないのでプロの技を簡単に手に入れられませんが、それでも勉強会などの機会を使うことで動画づくりの技を磨くことができます。

人の意見は案外正しい

動画で情報を伝えるためには、盛り込む情報は極力削らなくてはなりません。活字と動画というメディアの違いは掲載できる情報の量にあります。

動画の場合、視聴者が関心を持続できる時間は限られています。活字のように間をおいて読んだり、飛ばし読みしたりすることはありません。動画は時間の流れに沿って順番に情報を並べる必要があります。順序を少しでも間違えるとまったく違う印象や解釈を与えてしまうからです。

時間軸に沿って情報を整理し構成する力がないと困ったことになります。

そのため、制作現場では制作途中の構想を限られた人たちの間で共有し、意見を交換しながら解決策を探し求めます。

これが、取材段階での打ち合わせであり、撮影段階での撮影クルー間の議論であり、編集段階での試写・構成検討であるのです。

当然、思いもよらない提案や発想が参加者からもたらされることもあります。ヒントです。こうしたヒントは停滞していた現場の意識を刺激するエネルギーになります。

想像力の源は動画制作にかかわる様々な人たちの力の総和にあるといってもいいかもしれません。

勉強会はスキルの交換会

人の意見を聞くことの重要性は私たちがつくる動画にも当てはまります。撮影方法や編集ソフトの使い方、構成のたて方など第三者の意見ほど役に立つものはありません。

個人で動画づくりをしている人にお勧めしたいのが、動画づくりの過程を人とシェアすること。孤立するのではなく人と交わり意見を聞くことです。

こうした動画に注目し、動画セミナーを開く人が増えています。

東京と大分を拠点に広告を手がける後藤賢司さんもその一人です。

後藤さんの仕事は中小企業や個人事業主の方向けの広告デザインです。最近は、企画の段階から依頼者が抱える悩みを探り解決策を考える活動を続けています。そして動画制作が持つ可能性に興味を持ちました。

企業経営者や広報担当者でも身につけると今後動画を依頼する際に役立つであろうところをおさえるような内容で (中略)YouTubeには撮影方法や機材等のテクニカルな話は結構あるけど、プランニングや体制面、音の処理の話とかは意外と触れてなかったりするのでその辺もおさえたい。

数名の人を対象とした小さな勉強会だったようですが、参加した人たちのSNSを拝見すると充実した内容だったことがわかります。

今日の学び
・サイトに設置する動画は、訪問者が解決したい疑問に答える内容にする
・Instagram やTikTokは、止めて見る価値があるかを0.5秒程度で判断される。理屈より脳で理解してもらえる内容にする
・動画は「要素を沢山盛り込める」ではなく「1つの伝えたい事を豊かに伝えられる」
・「見る人は興味が無い」を前提に動画を作る
・動画だとメモリーカードは消耗品
・企画、段取り、見積もりのコツ
・屋外マイクのもふもふは風除け

お節介だと知りながら、私も次のようなアドバイスを送らせてもらいました。

  • おおざっぱでいいので撮影前に構成を考えておくこと。
  • 撮影時にカメラを振ったりズームしないこと。
  • アップと引きを撮ること。
  • 前後に5秒ほどの糊代をつけて撮ること。
  • 三脚を使うこと。
  • マイクは重要で音声を優先すること。
  • バッテリーに注意すること。
  • 三点チェックでいいので確認を瞬時にすること。
  • 高いところに上ること(全景を撮るため)。

手に入れたヒントはできるところから始めていくだけでいいのです。

勉強会を選ぶには

動画制作の現場を選ぶには参加者が自分の取り組みを披露しあえるところがベストです。

映像制作の理論はネットなどで検索すればおおよそのことを知ることができますが、実際にものを作ったり、作品の批評を受けたりすることはできません。

動画づくりの条件はその作品ごとに違うので体験を通じてしか学べない場面が多いのです。

勉強会の中で小さなトライ&エラーを繰り返し、失敗経験を積むことがスキルアップの早道なのです。

座学で知識を得ることも重要ですが、作って壊して学べる場に自分の身を置くことの方が有効だと思います。

まとめ

検討会の場ではせっかく作った動画の意味が伝わらず、反対に批判やダメ出しをいただくことも多々あります。

プライドが傷つくのが嫌で始まるまではあまり気持ちのいいものではありませんが、改善提案が出始めると雰囲気はがらりと変わります。

自分が思っていても描けなかった内容、気が付かなかった視点が手に入ると自分の中にやる気が芽生えてくるのです。

勉強会のメリットは、こうして手に入れたヒントはすべて自分のものになることです。勉強会などを通じた人との交流は一石二鳥のチャンスと受け止め、参加した方が得です。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。