映像編集の極意は”脳”の仕組みを利用すること

こんにちは、フルタニです。放送局で番組づくりをしていました。

物事を伝える時、話し言葉や活字で伝えるよりも、絵で見せた方が早いと感じる人は多いと思います。

脳科学の本によると人間の脳は映像処理に最適化されていると言われます。脳は持つ能力の8割を映像処理に振り分けるほど映像を優先しているのです。

映像づくりを学ぶ時、脳の働きを知っておいても無駄ではないようです。

映像編集の極意は”脳”の特性を利用すること

今年、話題になった展覧会があります。オランダの版画家・エッシャーです。

f:id:tanazashi:20190526195907p:plain

エッシャーの作品の特徴は人間の視覚を欺くだまし絵です。

見ていると頭が混乱する「だまし絵」や「錯視」。視覚情報の処理に圧倒的な能力を発揮する脳も万能ではないことがわかります。

映像制作は脳の持つ特性を巧みに使って制作者の意図を伝える作業でもあるのです。

では、脳はどんな時に弱点をさらけ出すのか見ていきましょう。

シミュラクラ現象

例「錯視の動画」https://fundo.jp/46250

画像の真ん中に焦点を合わせて見ていると、左右の人間の顔が異形の表情に見えてきます。これは脳が左右の映像の特徴的な部分を勝手に抜粋し、勝手に補完をしてしまう為に起こる錯視シミュラクラ現象と呼ばれるものです。1)人間(ヒト)の目には3つの点が集まった図形を人の顔と見るようにプログラムされているという脳の働き。和訳は類像現象。人は他人や動物に出会った場合、敵味方を判断したり、相手の行動、感情などを予測したりする目的で本能的にまず、相手の目を見る習性がある。人や動物の目と口は逆三角形に配置されていることから、点や線などが逆三角形に配置されたものを見ると、脳は顔と判断してしまう。心霊写真と呼ばれる現象の多くが、これで説明できるとされている。

脳は無意識のうちに、今見えているものが何なのか、聞こえているものがなんなのかを過去のデータをもとに判断しており、それゆえに錯覚を起こしてしまうことがあるのです。

パレイドリア現象

天井のシミが意味のあるものに見えてしまうという話を聞くことがあると思います。こちらもまたおなじみの現象です。

心理現象の一種。視覚刺激や聴覚刺激を受けとり、普段からよく知ったパターンを本来そこに存在しないにもかかわらず心に思い浮かべる現象を指す。パレイドリア現象、パレイドリア効果ともいう。

無意識のうちに脳が起こすミシュラクラ現象は反射的なものです。

避けようとしても避けられない脳のさがと言えるものですが、わかっていながら脳が意識的に反応する現象があります。

クレショフ効果

異なる並べ順で繋がった三つの映像を見た被験者が、組み合わせ次第で全く異なるイメージを思い描くという有名な実験です。

3つの異なるカットの次に、無表情の俳優の映像を見せたときどのような印象を受けるか試しました。

  1. 先にスープの入った皿を見せる
  2. 先に棺に入った遺体を見せる
  3. 先にソファに横たわる女性を見せる

すると、前に見せた映像が無表情の俳優の映像が持つイメージを変えたのです。

  1. 俳優は空腹を感じているように見える
  2. 俳優は悲しんでいるように見える
  3. 俳優は欲望を抱いているように見える

レフ・クレショフ(1899~1970)による「クレショフ効果」とよばれる実験です。

クレショフ効果は元々は映画関連の用語です。モンタージュ理論から得られる効果だと言われています。

モンタージュ理論

モンタージュ理論とは、「後から提示された映像情報は、先に提示された映像情報の影響を受ける」というものです。

モンタージュはフランス語で組み立てに由来する言葉であり、映画ではショットとショットを繋ぐ「編集」を意味します。 旧ソ連の映画監督・セルゲイ・エーゼンシュタインが映画「戦艦ポチョムキン」1925年の中でこの手法を使い広く知られることになりました。

映像の並べ方一つで脳は思いもよらぬ解釈をすることがわかりました。

まとめ

映像編集とは情報の塊の中からを必要な部分を取り出して並び替える作業です。

並び替えの順番をほんのわずか変えただけで受け取る側の印象は大きく変わります。こうした原理を踏まえて撮影計画を立てることが必要です。

References   [ + ]

1. 人間(ヒト)の目には3つの点が集まった図形を人の顔と見るようにプログラムされているという脳の働き。和訳は類像現象。人は他人や動物に出会った場合、敵味方を判断したり、相手の行動、感情などを予測したりする目的で本能的にまず、相手の目を見る習性がある。人や動物の目と口は逆三角形に配置されていることから、点や線などが逆三角形に配置されたものを見ると、脳は顔と判断してしまう。心霊写真と呼ばれる現象の多くが、これで説明できるとされている。