動画ファイルの基礎知識

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画を作成する際によく目にする、コーデック・解像度・フレームレート・ビットレートという言葉。動画関連の業務を生業とするクリエイターさんには必須の基礎知識です。

動画作成でよく使われる基礎用語

1.画質(単位:px)

動画の画質は、画素数を意味します。

一般的な画質としては以下の4つが挙げられます。数字は画素数を表しています。 (画素数:画像を構成する画素(点)の数)

  • SD画質:720×480
  • HD画質:1280×720
  • フルHD:1920×1080
  • 4K:4096×2160
  • 8K:7680×4320

画素数が上がれば上がるほど美しい映像になりますが、それに伴いデータが重くなります。画素数・データ量を鑑みると、現時点ではHD画質が標準的です。

YouTubeでは、フルHDである1080pを標準的に表示しています。1080pとはテレビ受像機以外で使われる高品位画質1920×1080のプログレッシブに対応していることからプログレッシブのpを撮ってこう言われています。

YouTubeでは視聴者の端末に応じて解像度の違う画像を提供しています。また回線の遅い環境で動画を再生すると、自動で画質が下がるようになっています。

ビットレート(単位:bps)

ビットレートとは、1秒ごとのデータ量を意味しています。データ量には映像と音声が含まれますので、ビットレートが高ければ高いほど画質・音質ともに高くなります。また、フレームレート(以下で解説しています)が高くなればなるほどビットレートも高くなります。

  • ビットレートを高くすれば画質・音質が良くなる
  • ビットレートが高いとネットワークや再生端末に負荷がかかる
  • ビットレートを高くしても、元の動画素材以上の画質・音質にはならない

ビットレートの単位は、以下の通りです。

キロビット毎秒(kbps, kb/s、bpsの10の3乗倍)
メガビット毎秒(Mbps, Mb/s、bpsの10の6乗倍)
ギガビット毎秒(Gbps, Gb/s、bpsの10の9乗倍)
テラビット毎秒(Tbps, Tb/s、bpsの10の12乗倍)

フレームレート(単位:fps)

フレームレートとは、1秒間の動画に何枚の静止画が使用されているのかを意味します。例えば30fpsは「1秒間に30枚の静止画が使用されている」という意味です。最近カメラに増えてきたのが60fpsです。撮影した映像を2倍に引き延ばすと一般的な30fpsに匹敵する映像は、言い換えるとスローモーションにしても絵が安定していると大観できる画質を持ちます。フレームレートが大きくなればなるほど1秒間に使用する静止画の枚数が増えるため、映像で見た時の動きがなめらかになります。

iPhone6Sでは4kで撮影した場合が30fps、フルHDで撮影した場合が60fpsとなっています。映画の場合は1秒間に24コマ再生されていますので、24fpsとなっています。

フレームレートについても大きくなればなるほどデータも大きくなりますが、動画を再生するディスプレイのフレームレートは決まっているため、動画そのもののフレームレートを上げてもその頻度で描画されるわけではありません。

ファイル形式

静止画を保存する時などに目に入るJPG、PNGなどのファイル形式。動画にもファイル形式があります。一般的なファイル形式としては、以下の4つが挙げられます。

mp4:一般的なファイル形式
mov:Apple製品で指定されている標準形式
aviまたは.WMV:Windows製品で指定されている標準形式
mpgまたは.mpeg:DVDで使用される形式

ソフトや使用する動画配信サービスによって対応しているファイル形式が異なりますので、あらかじめ調べておくようにしましょう。

しかし。映像制作者のはしくれでもある私はあまり違いがわかりません。投稿する動画のサイズはとりあえず

YouTube1080p一択

で保存しています。

動画制作では、上記の用語以外に圧縮形式という用語もあります。代表的なのはWindows系でよく使われるh.264、macで使われるQuickTimeなどです。

まとめ

知り合いの番組制作者に聞いても詳しい人も見たことありません。つまり、動画投稿など趣味として楽しむ範囲ではあまり気にする必要のない用語だと思います。

高ビットレートのメリット、デメリットについて|基礎知識|もっと動画でコミュニケーションを!!DOUPA!ブログ|動画共有クラウドサービスDOUPA!(ドウパ!)社内で動画がパッと配信&共有できる!




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。