セミナー動画・作り方のコツ

セミナー動画作り方
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

オンラインでの配信が増えています。そのせいか、最近セミナー動画の撮り方に関する質問が増えています。基本の撮影方法や環境についての質問です。

社内研修で使用する動画を取りたいと思っています。商品にするわけではないのでクオリティは「そこそこ」です。用意できる機材は一般的なビデオカメラやタブレット程度です。場所は会議室などを想定しています。こうした環境や機材という制約の中で撮影するにはどういった点に気をつければよいでしょうか?

セミナー動画は話者のトークを収録するのが基本なので、撮り方はシンプルです。撮影のポイントをまとめました。

セミナーの撮影する際の注意点

ポイントは二つあります。

一番重要なのは台本もしくは構成など事前にしっかりした設計をしておくことです。二番目は映像と音声をしっかり撮ることです。

構成を練る

構成は話の流れを整理し不必要な情報を削りわかりやすくしてくれます。

セミナーでは、話者があらかじめ進行プランを作っているのが普通です。

撮影にあたっては制作者は可能な限り話者と打ち合わせを行い、重要な場面を撮影し損なうことがないよう注意します。

動画制作を前提とした収録の場合、打ち合わせをしっかりしておくと後々編集で内容の整理やブラッシュアップが計れる場合があります。

例えば「結論を前に、理由や説明は後で」という構成にするだけで話の流れにテンポがでてきてわかりやすくなります。

編集で間合を詰めたり、不測の変更にも対応することができるようになります。また、効果的なエフェクトや資料のインサートなどで話者のトークを補強することもあります。手間かもしれませんが、収録までには必ず構成を検討する場を設けてして臨みましょう。

映像と音声をしっかり撮る

人が喋っている映像なのに、何を話しているのか聞こえない。カメラを手持ちで撮影しているので始終カメラが揺れている・・・・。こんな映像ではどんなに話の中身が良くても見続けるのが苦痛になります。

腕のいいカメラマンが撮った映像は決まって揺れのない映像です。加えて音がクリアに録れています。狭い室内や人の多い環境では建物の残響音が響き、人の会話音が多く、そのまま撮影したのでは被写体の音が遮られてしまいます。

機材

カメラは三脚でしっかり固定し画角も動かさずに撮影します。複数のカメラが利用できる場合は、正面から撮影するメインカメラと、教材や背景パネルなどを中心に撮影するサブカメラと役割を分担させて撮ります。

背景にボードを使用する場合は、話者の位置を左右いずれかに置いて撮ります。

話の内容に意味があるのがセミナー動画の特徴です。

収録では映像よりも音声に注意を払って撮影します。聞き取りやすくするためには、カメラマイクではなくピンマイクの方が雑音や反響音がない明瞭な音を拾うことができます。1)業務用ビデオカメラをレンタルすると1日5,000円程度、ワイヤレスマイクは1日3,000円程度

パソコンなどのデータを参照しながら語るような場合は、モニター画面をカメラで撮影することは避けましょう。モニター画面を撮影すると干渉縞が録画されてしまい、画像が見にくくなるからです。パソコンの資料は別途データをデータとして保存し、編集の際つなぎこむようにします。

パソコンの画面はHDMIケーブルなどでビデオカメラや録画機などに接続して信号を録画する方法や、画面キャプチャソフトなどで録画データにする方法などがあります。

MacやiPhoneなどは、QuickTimePlayerというソフトが費用順でインストールされています。このソフトには「画面収録」という機能があってパソコンの画面や、パソコンに繋いだiPhoneなどの画面を録画することができます。

照明にも注意する

撮影する際、次に気をつけたいのが現場の明るさです。最近のカメラは暗い場所でも撮影ができるうえ、編集でもある程度補正することはできますが、それにも限度があります。

暗い映像は色味が抜け見た目にも勢いがなくなるので、場合によっては照明を用意するなどして活力のある映像作りに留意しましょう。

この二つを改善するだけで映像が見違えるほどのクオリティになります。

講師の胸にワイヤレスマイクをピン留めし、内ポケットなどに入れた送信機を経由してビデオに取り付けた受信機から音声入力端子に接続します。

カメラマイクの音は使えなくなりますが、ワイヤレスマイクで拾った音声はカメラの音声端子から録音します。

音声を別取りするという手法もありますが編集で音の同期をとる必要があるので初めての人にはお勧めしません。

いい絵を撮るにはしっかり三脚を立てること。人の話を撮影するのなら、単一指向性のマイクもしくはワイヤレスピンマイクで話をクリアに録ることを心がけましょう。

撮影許諾

イベント会場で話者のトークを収録する場合、気をつけなくてはならないのが許諾です。会場に集まった観客の姿を無断で撮影していると思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

講義の様子を写真撮影しております。できるだけ顔をうつさないようにいたしますが、どうしてもうつりたくない、ブログやSNS等に掲載して欲しくないという方は、受付時にお申し出下さい。

収録を始める前などに、主催者経由で観客に対して断りを入れておくと安心です。

まとめ

YouTubeで公開される動画の傾向が広がっています。最近注目されているのが自分が持っている知識やノウハウを動画にして広めたいという教育系の動画です。

本を読んで知ることから、動画を見て学ぶ傾向が強まっています。知識や経験を動画にして発信できる人にはチャンス到来。セミナー系の動画作りを身につけて発信してみてはいかがでしょうか。

References   [ + ]

1. 業務用ビデオカメラをレンタルすると1日5,000円程度、ワイヤレスマイクは1日3,000円程度




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。