動画をもっと良くしよう

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

先日こんなツイートをしました。

さまざまな反響があり、フォローしていただく人が増えました。フォロワーの皆さまの中には動画の発信も行っている方も大勢いらっしゃいます。

見ていて気付くのは、自分がやりたいこと。熱中していることを動画で発信することの楽しさです。やりたいことを伝え続けることが大切。熱意が人の心を厚くするのだなと思います。

私にできることは、そうした熱意をさらに別の人に伝えること。もっとよくなるヒントをつぶやくことです。

フォロワーさんの作った動画を一つご紹介します。

この動画の優れている点は、丁寧なこと。キャラクターが明るくていいですね。

まるで自分がスクールの特等席にいるような感覚で体を動かすことができます。トレーニングの指導が動画の目的なので余計な情報は排除して、動きをしっかり伝えるワンカメ撮影は王道です。

この動画の惜しい点はただ一つ。音の扱いです。

インストラクターはかなり激しい動きをしているため装着には工夫がいりますが、ワイヤレスマイクを仕込ませるなどして、インストラクターの言葉をしっかり拾えるとトレーニングの意味がさらに伝わると思います。

ピンマイクは高価なものでなくても大丈夫です。ワイヤレスは17,000円くらいかかりますが、ながくつかうことを考えると高いものではありません。

編集する場合は、BGMとのバランスがうまくとりたいところです。音声の周波数帯を少しいじってみましょう。

女性の声の周波数帯は女性の声の周波数は220~270Hz(ヘルツ)ぐらいですので、イコライザーでこの値を少し上げ、代わりにBGMの値を少し下げると聞き取りやすくなります。

まとめ

動画制作で気になる点やお悩みの点がありましたらできる限りお答えします。作品をお知らせください。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。