動画撮影 最強の カメラバック はこれだ

カメラバッグ
フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 カメラバック を書きます。

屋外ロケなどで撮影機材一式を持ち運ばなくてはならなくなった。

安心安全にきざいを運ぶにはどうしたらいいかお困りの人いませんか。

機材の量や目的により、カメラバックはバリエーションが豊富に用意されています。

自分の目的にあったバッグを選びましょう。

放送局のカメラマンに選び方を聞きました。

カメラマンが奨める失敗しない カメラバック

カメラバッグ選びのポイントは精密機材が安全に運べるかどうかという点です。

カメラバッグは、カメラやレンズなど大切な機材を安全に持ち運ぶのに必須のアイテムです。機材を衝撃から保護する機能や仕組みを持っているうえ、アクセサリーを入れられるポケットなども工夫されていて、撮影しやすくなるようにサポートしてくれます。

動画の撮影機材は

  • 衝撃や水気などを嫌う精密な製品を扱うこと
  • まとまると重量があること

なのでなるべく軽くて耐久性の強いものが求められます。

カメラマンの視点で市販のバッグの中から三つ選んでもらいました。

Tilopa 50 L

Tilopa 50 L

f-stop(エフストップ)のTilopa(ティロッパ)。

は天候が変わりやすいアウトドア撮影に使えるバッグです。

バック内部にはアルミフレームがあり機材をしっかりサポートします。

Lowepro LP37220-PKK

フリップサイド500AW II ブラック

地面にバッグを降ろさずに機材にアクセス可能。。縮長480㎜位までなら三脚という重い機材(雲台含め2.0kg)がセンター背中面に密着で背負えるのでとても楽です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Manfrotto MB PL-3N1-26

三脚を収納できるバッグです。

バックパックやスリングなど3つのスタイルで使えるカメラバック(幅26cm)です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

紹介したバッグはアウトドアなどのフルスペック撮影を想定したものです。

近所のイベントなどで撮影するような軽微なスタイルではちょっと重いと感じたら、トートバッグなどでも運搬できます。

カメラなどを保護するために使う裏技商品が、お弁当などを保温するランチバッグです。

ランチバッグは食材を保温するために貼られた断熱材がクッションの役割を果たしてくれる上価格も手ごろ。

大きさも撮影機材にぴったり合うので結構使えます。