【Ps】静止画の白黒をカラーに変換する方法Photoshop

白黒カラー
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画に静止画像を取り込む時、静止画の中のある部分。例えば黄色い花とか赤い服などを別の色に変えたい塗り替えたいと思うことってありますよね。

プロに頼まないと色の塗り替えは難しいと思っている方が多いですが、それは大きな誤解です。Photoshopを使うと色の塗り替えは簡単に出来ます。

色を置き換える方法

実はPhotoshopを使えば塗り替えたい場所の色を別の色に置き換えることができます。

やり方は簡単

[イメージ]→[色調補正]→[色の置き換え]と進むだけ。変えたい色を指定して、置き換えボタンを押すだけです。

厄介なのは白と黒

色の塗り替えは簡単でも、一つだけ塗り替えるのに手間がかかる色があります。

それはモノクローム。白や黒、グレーといった色彩を持たない情報です。Photoshopでもモノクロームの場合は着色ができません。

なぜかというと。

色を塗り替えるには、元の画像の色が必要だからです。WEBの世界では色は三原色を使って作ることができます。それぞれの色が持つデータの数値を変えてブレンドするとどんな色でも作れてしまいます。

ところが困ったことに、白や黒、グレーといったモノクロームは色データがありません。そのため三原色を調整する手が使えません。モノクロ画像では色の塗り替えができないのです。

ではどうするか。

ちょっと複雑ですが、別の方法があります。それは“色域指定”という方法を使うという方法です。なんか急に難しくなってきましたが、難しいのは用語だけ。わかり安く言うと、下敷きとなるモノクロ画像の上に透明な膜を置いて、その上に色を付けたい部分の輪郭を描いて塗り絵をする仕掛けです。

色を付けたい範囲を切り出すためには、下敷きとなる絵の中から塗り絵をしたい場所を特定しなくてはなりません。そのために使うのがモノクロームの濃淡を識別して塗り絵をするためのエリアを特定する”領域指定”です。

“領域指定”でつくった塗り絵の枠に色を置き、下敷きとなるモノクロ画像の上に重ねることで色がついたように見せるのです。

白黒画像をカラーに置き換える方法

作り方

Photoshopに画像データを読み込ませます。

[選択範囲]から[色域指定]を選択します。

着色したい部分を選び、スポイトを使って色の範囲を特定します。

選択範囲ができたら、レイヤーパレットから新規レイヤーを作成します。

[背景]の上に[新規レイヤー]が出来上がったら[編集]→[塗りつぶし]で着色したい色を塗ります。

すると元の画像の上に、範囲指定した部分だけが着色されて重なります。

透明度を調整し、描画モードで[乗算]を選択すれば完成です。

まとめ

この方法のデメリットは、たまに輪郭部分に乗りしろが残ること。色域がはっきりしていない画像は境目が曖昧になるのが難点です。

しかし、目立つ部分を手作業で修正することで違和感を減らすことが出来ます。

モノクロで描かれたデザイン文字やイラストなど動画に使いたい場合など覚えておくと便利なテクニックです。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。