動画撮るならα7という話

こんにちは、フルタニです。放送局で番組づくりをしてました。

撮影時にカメラリソースが足りない時はレンタルする手があると書きました。すると写真家の知人から「ビデオカメラよりもミラーレスの方が良い」とアドバイスを受けました。「今旬なのはSONYのα7」がオススメなのだというのです。

なぜα7なのか。深掘りしました。

SONY α7を押す理由

簡単にミラーレスの構造を説明すると、一眼レフでは欠かせないミラーがないこと。被写体の映像がダイレクトにイメージセンサーに届くため、奥行きもコンパクトになり小型軽量にしやすいのが特徴です。

ミラーレスカメラで初めてフルサイズセンサーを搭載した一眼がSONY α7です。ボディと交換レンズが別々になっています。ボディは動画を中心に撮るという視点から見ると選ぶ理由は三つあります。

  • 小型軽量
  • 駆動音
  • 選択肢

ミラーレスカメラは一眼に比べ軽量です。軽量であることは撮影時に体にかかる負担が少ないこと。ロケ時のフットワークにも影響を与えます。フルサイズセンサーを搭載した一眼レフカメラに比べて、小型、軽量。

インタビューや現場の自然音は編集時に欠かせない要素です。動画撮影時でもAF駆動音が入ってしまうということがないのも評価点です。

光学ファインダーが見やすい。センサーがしっかりしている。とカメラマンの評価も高い所に長寿の秘密があるのかもしれません。

今も同型機種が生産され続けています。高額、高性能のハイエンドモデルもありますが、中古品も含めると発売された機種が多いのもα7の特徴です。低価格モデルや、買い換え用に中古市場に流れたものなど価格帯が広く手に入れやすいので、初心者や学生さんなどにも人気があります。

NikonやCanonはどうなのか

今や流れは完全にミラーレスです。ところが老舗カメラメーカーはその流れに乗り切れているように見えません。

その理由は多分光学系カメラメーカーが培ってきた伝統が邪魔をしてるからかもしれません。業界トップ企業が顧客の ニーズに応えて製品改良を進めた結果、新興企業によるイノベーションに遅れを取り、やがて需要を失う」現象を表す言葉つまりイノベーターのジレンマというやつです。

カメラメーカーではなかったソニーはイメージセンサーの技術力を高めることだけ考えていればよかったのですから、立ち上がりが早いはずです。老舗メーカーがもたもたしている間に、ユーザーの心を鷲掴みしてしまったのです。

レンタルするといくら

レンタルのAPEXの価格表を見てみました。

SONY α7S ILCE-7S(ボディのみ)2泊3日¥9800

SEL24105G(FE 24-105mm F4 G OSS)2泊3日¥8400

約二万円でレンタルできるので、とりあえず試し手から考えてみても遅くはありません。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。