【Ae】After Effectsで”黒背景を透明にする”方法

黒い背景
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

初心者がAfter Effectsでよくやる作業は三つあります。それは背景を透明にすること。でも例えば[After Effects]、[背景黒]、[透明]のキーワードで検索すると探したい答えとはまったく違う結果がでてきて戸惑います。そこで今回は【黒背景を透明にする】方法を整理しました。

<!– wp:html –><script async=”” src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script><ins class=”adsbygoogle” style=”display:block; text-align:center;” data-ad-layout=”in-article” data-ad-format=”fluid” data-ad-client=”ca-pub-1383093767913521″ data-ad-slot=”7738195857″></ins><script>     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script><!– /wp:html –>

黒背景を透明にする三つの解決策

初心者にとってAfter Effectsが使いにくいのは画像操作を言葉で定義しなくてはならないこと。黒背景を透明にするといっても目的は様々です。

  1. プレビュー画面を黒から透明にしたい
  2. 背景が黒色の素材動画から黒を切り抜いて透明にしたい
  3. After Effectsで作った動画を書き出す時、背景色を黒ではなく透過にしたい。

このようにそれぞれの解決方法を見ていきましょう。

1.プレビュー画面を黒から透明にしたい

起動したばかりのプレビュー画面は背景が黒色です。黒色だと、例えばテキストを表示すると色が重なって見えません。そんな時は、プレビュー画面の下にあるアイコンの中から、チェッカー模様のアイコンをクリックすると背景色が透明表示になります。このアイコン[透明グリッドアイコン]といいます。繰り返してクリックすると黒色の画面に切りわかります。

2.背景が黒色の素材動画から黒を切り抜いて透明にしたい

こちらは、素材の動画からたとえば対象物だけ切り取りたい場合です。

動画素材集を見ると、黒をバックに作られた素材がよく出品されています。

こうした素材を加工すれば背景の黒色を透過させることで別の動画に合成することができます。

一般的に合成用の素材動画で使われるのは背景がグリーンになっています。色がついた部分を透明にする作業をクロマキーといいます。クロマとは色のことです。

ところが黒の部分は色の成分が抜け落ちているため、クロマキー技術は使えません。黒だけでなく、色の成分がない白も同じです。色のない背景を透過するにはややこしい手続きが必要なのです。

黒背景を透過する方法はいくつかあります。

  • [エフェクトプリセット]の[ルミナンスキー]を使う方法
  • 「チャンネルコンバイナー」と「カラーマット削除」を使う方法
  • フリーのプラグインKnoll Unmultを使う方法
  • フリーのプラグインColor Vibranceを使う方法

[エフェクトプリセット]の[ルミナンスキー]を使う方法

After Effectsを起動します。素材をタイムラインに置きます。

レイヤーを選択します。白を抜きたいときは[明るさ]を[キーアウト]します。

黒い部分を透明にしたいときは[暗さをキーアウト]を選択します。

「チャンネルコンバイナー」と「カラーマット削除」を使う方法。

チャンネルコンバイナーとはレイヤーのチャンネルの値を抽出、表示、調節する機能のこと。

切り抜きたい素材の黒を消したい場合は、

[エフェクト]→[チャンネル]→[チャンネルコンバイナー]を選択して、変更オプションを「最大RGB」、ターゲットを「アルファ」とします。

同時に[エフェクト]→「チャンネル」→「カラーマット削除」を選択・適用します。

仕組みは、チャンネルコンバイナーで黒部分をアルファチャンネルに変換し、カラーマット削除で黒背景と切り抜きたい素材の色が混ざっている部分から黒(色)を除くというもの。いわゆる重ね掛けです。

素材と背景がくっきり分かれているものであれば有効ですが、境界線があいまいな素材はキレが悪いです。

フリーのプラグインKnoll Unmultを使う方法

黒い部分の上にアルファチャンネルをつくってワンタッチで透過してくれます。使い方はこちらで解説されています。

フリーのプラグインColor Vibranceを使う方法

黒バックの素材を合成することができるプラグインです。アルファチャンネルの自動生成機能を搭載しています。ダウンロードはフラッシュバックジャパンのサイトから。

※5分30秒あたりに黒バックの合成について解説されています。

色が混在した背景から素材を抜く方法

テーブルの上で動くおもちゃや、壁をバックにした講演者など、色や形がまじりあった背景を透明にしたい時は、背景が動かないという条件であれば切り抜いて透明にすることができます。

切り抜きたいものがある映像と、切り抜きたいものを取り除いた映像を重ね、その差分をソフトに判断させて切り抜くという手法です。

こちらの手法はダスト万さんの動画でくわしく解説されています。

3.完成した動画から背景の黒を透過させて書き出したい

After Effects上で背景を透過にしたつもりでも、いざ動画にして書き出すと、背景が黒になってしまうことがあります。これはマットを調整することで解決できます。

マットは、そのレイヤーまたは別のレイヤーの透明部分を定義するレイヤー(またはレイヤーのいずれかのチャンネル)です。 白は不透明部分を定義し、黒は透明部分を定義します。通常、アルファチャンネルをマットとして使用しますが、アルファチャンネルよりも透明部分の定義に適したチャンネルやレイヤーがある場合や、ソース画像にアルファチャンネルが含まれていない場合は、アルファチャンネル以外のマットを使用することもできます。

After Effects User Guide

After Effects上で書き出しをする場合[ロスレス圧縮]をクリックします。

別ウィンドウが出てくるので、形式はAVIもしくはQuicktimeを選択します。

二つの項目だけ次のように指定します。

RGB+アルファ
カラー:「合成チャンネル(マットあり)」を「ストレート(マットなし)」

以上でエンコードすると背景色が黒から透明に変わった動画が生成されます。

まとめ

[After Effects]、[背景黒]、[透明]というキーワードで悩まれている方向けに解決策(ソリューション)を整理してみました。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。