【Pr】バラエティ番組風テロップの作り方

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

取材系の番組は演出もシンプルです。たとえて言えば鮮度にこだわる海鮮料理。それに対しつくりにこだわるのがバラエティ番組です。

先日こんなツイートをしました。

並みいるYouTuberが参考にするのが民放番組で使用されているテロップデザインです。

とりわけ、視聴率を稼ぎたいバラエティ番組は見た目がすべてです。強烈な印象で見るものをくぎ付けにするデザインが詰め込まれているため参考にする人が増えています。

こうしたテロップもPremiereで作れます。

レガシータイトル

こうしたテロッフプAfter Effectsでつくるものだとばかり思っていましたが、実はPremiere Pro 2020”のレガシータイトルも作れます。

まず[ファイル][新規][レガシータイトル]で任意の文字を書きます。

使いやすいのはゴシック系の極太フォント。このケースでは小塚ゴシックHというフォントを使いました。

さらに、テロップの字体や色、輪郭線や影などを付け加えます。

塗り

[塗り]にチェックを入れ[線形グラデーション]を選択し水色を選択し適宜グラデーションを付けます。

ストローク

ストローク[外側]を6個作ります

  1. [エッジ]サイズ44.0[ベタ塗り]緑
  2. [奥行き]サイズ17.0 角度45.0[ベタ塗り]黒
  3. [エッジ]サイズ17.0[ベタ塗り]白
  4. [エッジ]サイズ23.0[ベタ塗り]赤
  5. [奥行き]サイズ13.0 角度45.0[ベタ塗り]暗赤
  6. [エッジ]サイズ25.0[ベタ塗り]黄

  • [カラー]黒
  • [不透明度]80%
  • [角度]-181
  • [距離]6.0
  • [サイズ]24.0
  • [スプレッド]44.0

出来上がったレガシータイトルは名前を付けて保存します。

フォントや色を変えたバージョンをいくつかつくります。編集ではランダムに並べていくことで変化の付いた作品に仕上げることができます。

参考

飾りテロップのノウハウはプロに学ぶのが一番です。

特にバラエティ系のテレビ番組に携わってきた編集プロダクションの編集オペレーターは仕事の早いことに驚かされました。

時間単価はかなり高いですが、一度仕事をするとその仕事を基準としてほかの編集マンの査定がしやすくなるので、機会があればお勧めします。

Premiere Pro CCのレガシータイトルプリセット1 | 無料動画素材てれそ!

まとめ

Premiere Proにはエッセンシャルグラフィックスという別のテロップシステムがあります。しかし、こちらの仕様ではこれだけ細かく作りこめません。

作ってみてわかるのは、テロップ一枚に相当な労力をかけていること。特にストロークと言われる輪郭線の数です。

文字の色、輪郭、影その外側の輪郭と6層にもわたって極端な彩度の色味が連なります。

バラエティ番組は収録もさることながら、収録した後の編集が命です。テロップ作業一つにしても専従のスタッフが付いて仕上げます。

なぜこのフォント、サイズ、色を使うのか。作り手たちはちゃんと理由を考えて作っているはずです。興味のある人は番組を録画して気になるテロップを再現してみてください。自分なりの発見があると思います。

『ヒルナンデス』のテロップをレガシータイトルで完全再現 | エヌD




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。