テロップ の色を ボーダー に塗り替えアニメーションする方法DaVinci Resolve17

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。テロップの塗りを ボーダー にする方法を書きます。

DaVinci Resolve17でアイキャッチ用にちょっと目立ったテロップを作るとき、意外に役立つのが[走査線]です。

[走査線]は DaVinci Resolve17 の[OpenFX]の中にあります。OpenFXとはオープンソースのプラグインのこと。

レンズフレア, 霧 そして 被写界深度。爆発、波、ディゾルブなどのアニメーション効果を得意としています。

[走査線]をオブジェクトにドラッグandドロップするだけで画面に縞模様を掛けることができます。

縞模様の作り方

テキストの塗りにあたる部分を単色からボーダーに変える方法です。

[テキスト+]で任意の文字を書いてタイムラインに配置します。

その上に[Open FX]の[Resolve FX Stylize]の中にある[走査線]をドラッグ&ドロップします。

するとインスペクタに[エフェクト]の表示が追加されるので開きます。

[走査線]という操作パネルが現れます。

[合成]の表示が[オーバーレイ]となっていたら、走査線のみにチェックを入れるか、[ノーマル]に切り替えます。

するとテキストの塗りの部分が走査線の模様に切り替わります。

この走査線の本数や輪郭、傾斜などを[外観]の数値を操作することで変えます。

  • 走査線の数:走査線の数は1本から3本ぐらいがおすすめ
  • 走査線のシャープネス:右に動かすほど、ぼかした感じになります。
  • 走査線の角度:角度を変更できます。
  • ラインの幅:走査線の幅を変更できます。
  • 走査線をシフト:走査線を動かせます。

配色は[カラー]の色見本を適宜変えることができるので調整します。

アニメーションする方法

アニメーションは[走査線をシフト] を選択肢タイムラインにキーフレームを打つことで作ることができます。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ