映像クリエイターが参考にするキュレーションサイト

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

Adobe CCは森のようなソフトです。

森の中にはコンテンツという果実を実らせる多様な木々が茂っています。

しかし、果実を採るにはそれぞれの木をよじ登らねばなりません。

木に登るには少なくとも一年はかかるので、

森の中で生活できるようになるには独学で三年近くかかりました。

最初はIllustrator、次にPhotoshop。Afer Effectsと使えるソフトが増えていくと、ようやく他人の作った作品が見えるようになります。

「これはどうやって作るのだろう」「この色の組み合わせが気になる」

第一線で働く映像クリエイターは一体どんなサイトを参考にしているのでしょうか。

クリエイターのアイデアの引き出しにするキュレーションサイトをご紹介します。

クリエイターが参考にするキュレーションサイト

Pinterest

(100) Pinterest

Pinterestとは画像を軸に情報を探せるSNSです。クリエイターが制作した様々なイメージも公開されています。検索結果からイメージをまとめて見ることもできます。作品を比較検討することで色彩の組み合わせなど最適なもの選ぶヒントが得られます。

Vemio

Vimeo | 世界で唯一の一体型動画ソリューション

YouTubeと並ぶ動画投稿プラットフォームです。数多くのクリエイターが登録・作品を公開していることから。気に入った作品に出会う確率が高いのが特徴です。気に入った作品は「いいね」をつて後からまとめて確認するのが一般的な利用方法です。

Information is Beautiful

Information is Beautiful

世の中のデータを言語を超えて視覚化するインフォグラフィックス。そのの作品を中心に紹介するサイトです。扱うテーマは政治や経済から文学芸術まで幅広く、見ているだけでヒントが手に入ります。

Mortion Grapher

Motionographer japan

世界のモーショングラフィックスの作品を中心に取り上げているサイトです。日本人作家のページもあります。アメリカの映像製作会社Phyopのディレクター、ジャスティン・コーンさんが編集長。

Stash Media

Motion design – STASH – Welcome to the planet’s largest online library of animation, VFX and motion design. : Motion design – STASH

ゲームやアニメーションクリエイターが制作した作品を見るならこのサイト。クリス・カニンガム、ミシェル・ゴンドリー、デヴィッド・フィンチャー、スパイク・ジョーンズなど第一線の映像クリエイターの作品も掲載。

そのほかに情報源としてよく利用されるのがこちらのサイト

Column Five

Creative Agency | Column Five

企業のコンテンツビジネスを手がけるColumn Five社の公式サイト。作品と、その作品を作る上で必要な戦略と方法論など、企業と企業を結ぶデザイナー向けの記事が見つかります。

Ideaink

Graphic Recording & Visual Facilitation | Idea Ink | Asia

手書きのインフォグラフィックスが掲載されているサイトです。

まとめ

現代美術の巨匠と言われるピカソ。ピカソは数多くの作品を作り続けた多作の画家であったことはあまり伝えられていません。

多作と寡作どちらがいいか決めつけはできませんが、初心者のうちは数をこなした方が上達は早いと入れます。

数をこなすことは失敗を増やすこと。失敗を積み重ねるうちに進むべき方向が見えてくるからです。

他人の作品を模倣しながら引き出しを増やしていくうちに、自分が進む道が見つかるかもしれません。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ