いらすとや さん画風の線の描き方

いらすとや
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 いらすとや さんを書きます。

無料イラスト素材サイト「いらすとや」さんのイラストは汎用性が高い上、どんなテーマにも合わせられるので重宝しますよね。

でもあの肌触りはなかなかまねができないもの。簡単なようで難しいのが手書きのような線の風合いです。

もやもやというかモフモフというか、水彩画風のけば立った輪郭線の手触り感がすてがたいですね。

大量生産するためには当然、あの線はソフトで描いたものです。その作り方を紹介します。

いらすとや さん風のタッチをパクる方法

使うのはIllustratorです。Photoshopではありません。

オブジェクトを選択してアピアランスパネルを開きます。

手をくわえたい”パスで構成された”オブジェクトを選択します。

※線を加工するため、画像や塗りだけのオブジェクトもNGです。

アピアランスパネルはメニューバーの【ウインドウ】【アピアランス】から開くこともできます。

左下の新規効果を追加(fxのマーク)をクリックし、【パスの変形】【ラフ】を選択します。

サイズ・詳細・ポイントの項目を設定してOKをクリックします。

サイズや詳細の値によってはかなりイメージが異なる結果が出ます。

私はサイズは5px、詳細は100/inch、ギザギザに設定しています。

もし結果がおかしい場合は、入力値にチェックが入っているかどうか確認してください。

もとに戻したい場合は、右クリックして開いたメニューの「ラフ」をダブルクリックすると設定が開き、やり直しができます。

効果を全て消したい場合は、アピアランスからラフを削除するだけで、簡単に元の状態戻すことができます。

アピアランスを分割すると戻らなくなるので注意してください。