DaVinci Resolve17.3登場

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

DaVinci Resolveが最新バージョンの17.3にアップデートされました。M1マックに対する最適化が進みました。

今回のアップデートにより、M1チップ搭載のApple MacモデルでDaVinci Resolveの速度が最大3倍に高速化するといいます。

M1搭載のMacコンピューターでH.265ハードウェアエンコーディングのオプションも新しくサポート。レンダリング時に速度または品質のいずれかを優先できるため、レンダリング時間を最大65%短縮できるといいます。

高速化により、4Kプロジェクトの再生、編集、グレーディングがスピードアップするだけでなく、Apple M1搭載ラップトップで8Kプロジェクトを扱うことも可能になりました。

また新しい処理エンジンはタイルベースレンダリングを採用しており、ラップトップでDaVinci Resolveを使用する際のバッテリー持続時間も最大30%延長しているといいます。

モザイクブラーには新しく回転コントロールが追加され、ビューから不要なアイテムを除去する作業が簡単になりました。

Fairlightオーディオでは、長時間再生すると映像と音声がズレる現象がありました。新しいドライバーが導入されたことでWindows環境では劇的にオーディオ遅延が改善されました。

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 17.3を発表。M1搭載のApple Macモデルで4K/8Kの編集・グレーディングが高速化 | VIDEO SALON