人工音声ソフトおすすめ3選

人工音声セレクション
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

投稿動画を作りたいけど、顔出しや読み上げが無理な人は人工音声ソフトをお勧めします。原稿をテキストファイルにしてコピペするだけで編集自在なロボット音声が作れます。

人工音声ソフトのメリット

人工音声ソフトは進化しています。すべての動画にとは言えませんが、インフォメーション系の動画には実用として使えます。

メリットは収録や修正の手間やリソースにかかる費用が大幅に削減できること。仕上がりは若干ロボット臭さ、つまり抑揚に少し違和感を感じますが、人工音声ソフトはパソコン内だけで作業完了できるので手間がかかりません。

人工音声のメリット
  • 制作者に代わって読み上げることができる
  • テキスト入力なので入力・修正がカンタン
  • 声優の声が元なので聴きやすい
人工音声のデメリット
  • お金がかかる
  • ナレーションにロボット感がある
  • 金儲けに使いにくい

音声さん

音読さん

音声読み上げソフト|音読さん

テキストボックスに文字を入力するだけで音声データに変換してくれるウェブサービス。

主な機能

毎月一定の文字数の読み上げを無料で利用できる。ベーシックプランは月間20万文字まで980円。商用利用可(無料プランを除く)。Webブラウザ上で使用できる。MP3形式のみの対応。イントネーションの編集は無理。

音声読み上げソフト音読さんについて

VOICEROID2 (ボイスロイド)

株式会社AHSが2009年から販売をしている有料の人工音声ソフト。読み方やイントネーションを編集が可能。20人の声色がある。商用可。Windows10で動作。

ゲーム実況動画のユーザー層の利用が多く、解説動画も充実しています。

シリーズで探す|製品情報|AHS(AH-Software)

かんたん!AITalk®3

有料人工音声ソフト。wavデータで保存。イントネーションやピッチの調整が可能。Windows10で動作。関西弁あり。Youtube へのナレーション使用など通常ライセンスで使用可。音声合成は「コーパスベース音声合成方式」と、最新の深層学習技術を活用した「DNN音声合成方式」の二種類あり。

かんたん!AITalk®3 | 株式会社AI(エーアイ)

NHKで使われる音声合成技術

photo

NHKが独自に開発しているのは「ニュースチェック11」などで登場するAIアナウンサー「ニュースのヨミ子」です。いずれ全国のNHKでも起用される予定で、11月6日に放送されたおかよう日本コロナ禍で広がる活用 あの「ヨミ子」も成長!?という企画で、感情表現までできるようになった新バージョンが披露されました。

NHKの人造アナウンサー「ニュースのヨミ子」さんはどうやって作られた? (1/2) – ITmedia NEWS

まとめ

総合的に見て、「音読さん」が使いやすくコスパもいいのでお勧めです。動画のナレーションなど調整をしっかりしたい場合はVOICEROID+(ボイスロイド+)に軍配を上げたいところです。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。