【Pr】動画の一部だけ切り取って表示する方法

クロップで窓開け
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

Premiere Proを使って動画の上に窓を開け、別の動画を表示する時、クロップというエフェクトを使うと便利です。

その方法を解説します。

動画の一部だけ切り取って表示する

Premiere Proのタイムラインの上にベースとなる映像をV1に、窓の中に表示したい映像をV2に並べます。

この場合、V1はV2に被されていて見えません。

窓を作るため、[エフェクト][トランスフォーム][クロップ]を選択します。

[クロップ]をマウスでドラッグしてタイムライン上のV2にドロップします。

するとエフェクトコントロールに[クロップ]が追加されます。これが窓の基本になります。

クロップの下には円と四角、それにペンのマークがあります。窓の形はこのツールを使うことで変化をつけることができます。※今回はパスします。

その下に時計マークがついた上下左右のバーがあります。このバーの値をマウスでスライドすると、モニター画面の映像が変化します。

動画の表示画面を切り抜くことができました。

画面の位置は任意の場所に移動することができます。

時間が経過すると中の映像も動きます。

エフェクトコントロールパネルを使うことで窓の中の映像に変化をつけることができます。

例えば拡大したい場合は、[モーション][スケール]を表示させてサイズを変えます。

After Effectsに共通しているのが時間の経過に伴う効果です。時計マークを使って効果の始点と終点にキーフレームを設定することでズームイン効果などの特殊効果を付けることができます。