【Ae】文字の上を光が流れるアニメーション効果

光が走るエフェクト
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

困ったときに使える効果の一つが文字の上を光が流れる演出です。

初心者には難しいものと思ったらAfter Effectsで簡単につくれました。

文字の上を光が流れるアニメーション効果

作り方

平面レイヤーの上に文字を入力して配置します。

続いて文字に光を反射させる効果を作ります。光の効果は①地の光と②移動する光の2種類つくります。

タイムラインのテキストを選択し、[エフェクト][エフェクトコントロール][CC Light Sweep]を選択すると、プレビューモニターの左横にエフェクトコントロール画面fxCC Light Sweepが出現します。

※平面を選択して[CC Light Sweep]を選択すると平面に効果がかかってしまうので、必ず文字を選択してエフェクトをかけます。

  • 光の角度:Direction
  • 光の幅:Width
  • 文字のエッジ部分の強さは:Edge Intensity
  • 光のエッジの厚さ:Edge Thickness

お好みで調整すると地の光が出来上がります。続いて移動する光をつくります。

同じようにテキストから[CC Light Sweep]を選択すると、[エフェクトコントロール]の[CC Light Sweep]の下に[CC Light Sweep2]が生成されます。

動きをつけるため、タイムラインの上から[Center]にキーフレームを打ちます。

Centerとはアンカーポイントが示す光源の位置を示します。初期設定ではプレビューモニターの真ん中にあると思います。右横にある2つの数字を変化させると左右、上下に移動します。

テキスト上の光源を左から右に走らせましょう。動き出しのキーフレームをモニターの左外に移動させ、時計マークをクリックして確定します。

次にキーフレームを終了点まで移動させ、[Center]の値を変えることで光源もモニターの右外に設定します。

タイムライン上に始点と終点、2つのキーフレームが出現していれば作業完了です。

まとめ

オープニングタイトルなどに使えそうな基本技です。

プロジェクトファイルはnoteからダウンロードください。

After Effectsをつかって書き順で文字を出現させる方法|フルタニ|note

何度か繰り返して取得しましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。