【Ae】入力したテキストの色を変える方法After Effects

テキストの着色
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

After Effectsに入力した文字の色を変えたい時ってありますよね。

After Effectsは操作パネルが複雑なので初心者の人は着色の仕方がわからないことがあります。今回はその簡単な方法をご紹介します。

テキストを着色する

After Effectsに文字を入力すると、たまに文字色がわかりにくい時があります。そんな時好みの色に着色したいですね。

ところがテキストの色を変えるボタンが見つからないと焦ります。

文字色を含めたテキスト周りの調整は、[ウインドウ][文字]の中に収められている[文字ツール]を使います。チェックを入れると操作パネルの右に表示されるので、色の部分を確認して好みの色に変えます。

色パレットをクリックすると[テキストカラー]のウィンドウが表示されるのでここで色を変えると出来上がりです。

時間とともにテキストの色を変える方法

テキストの色を変化させる方法を一つご紹介します。

ベースの赤の文字が、時間とともに青に変わる方法です。この演出は、同じ内容の文字列を上下に重ねて片方の色を変え、その文字をマスクを使ってアニメーションすることで色が変わるように見せる役方です。

まず[編集][複製]で文字列を複製します。

複製したレイヤーを選択し、[文字ツール]から色を青に変えます。

つづいて、上のレイヤーにある青の文字を隠すための[マスク]をつくります。複製したレイヤーを選択し、編編集画面上部にある[長方形ツール]で文字列の左に長方形を作画します。この長方形がマスクになります。枠の内側が複製レイヤー、外側が元のレイヤーになるため、赤い文字が表示されて見えます。

文字の色を徐々に変化させるには、アニメーションを使います。時間とともに枠の位置を変化させるため、複製したレイヤーにある[マスク]から[マスクパス]を表示し、アニメーションさせるためのキーフレームを打ちます。

マスクの移動には、矢印をつかいます。そのままでは枠全体が移動することがあるので、[shift]を押しながら枠の片方をスライドさせるとうまく調整できます。

始点と終点にキーフレームを打ち終えたら、試写して動きを確認します。

まとめ

  • テキストの色は[文字ツール]で変えられます
  • アニメーションで色を変えるには文字を複製してマスクをかけます

マスクの位置やキーフレームの打ち方は間違いやすいので、何回か練習して覚えてしまうことをおすすめします。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。