動画を一時停止(フリーズフレーム)にする方法DaVinci Resolve

一時停止
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画編集でよく使う機能が一時停止(フリーズフレーム)です。

YoyTubeなどのサムネイル画面で、動画の中の人物を切り抜いて使う場合には便利な機能です。覚えておいて損はありません。

フリーズフレームとは

フリーズフレームとは、動画の一部のシーン静止(フリーズ)の状態にして、フレーム単位で動画の再生を止めることができる機能です。※映像は止まっていても音声は止まりません。

例えば、注目させたい人物などを一時停止して流す事で、視聴者の関心をより強く印象付けたい時などに効果を発揮します。

さらに、静止することで文字や図形、アニメーションなどの効果を張り付けることもできます。DaVinci Resolveで作ってみましょう。

動画をフリーズフレームにする方法

動画をタイムラインに置きます。

タイムラインで、再生ヘッドを一時停止したいクリップ上まで移動させフリーズさせる部分を決めます。

ブレードツールで前後に挟みを入れ、1フレーム分だけカットします。

カットした動画を右クリックします。

現れた[クリップの速度を変更]の[フリーズフレーム]にチェックをいれます。
するとカットされた部分が一時停止(フリーズフレーム)の画像になります。

カットした画像は任意の長さに引き延ばすことができます。

編集するため、カットされた静止画の後ろにある動画を少し後ろに移動します。

空いた空間をつかって、フリーズフレームを拡大します。

尺が決まったら後ろのカットを繋げば完成です。

まとめ

フリーズフレームのメリットは、動画をフリーズすることにより、動画とは違ったエフェクトをかけることができることです。

それまで動いていた動画が静止するという効果は、素朴ですが観ている側にはかなりのインパクトを与えます。

ただし、効果は闇雲に使うと威力は落ちるのでここぞという時に使いましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。