無料で使える音楽サイトEvoke Music 著作権フリーが神すぎる

フリーBGM
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画編集をさらにワンランクアップする最終兵器にあたるのがBGMと効果音です。動画をつくりはじめて見るとわかりますが、イメージに合ったBGMを見つけ出すのは結構大変です。無料のサービスは使い勝手がよくないし。

探していたところ発見したのが「Evoke Music」というサービスです。

  • AIが作曲&クオリティが高い
  • 楽曲が探しやすい
  • キーワードを入れるだけで即作曲複数曲から比べて選べる
  • どんな媒体にも無制限に使える
  • 無料(条件により有料もある)

Evokeとは

Evoke Musicは、Amadeus Codeが運営する人工知能を使った「自動作曲AI」です。過去数世紀に渡って作曲された歴史上のヒット曲600曲の旋律や歌詞のデータ、それに構成要素を分析。新しいメロディーデータを生み出すサービスです。

Evoke Music

楽曲のイメージは完全にBGMとして使えるように選曲されていること。妙なフレーズやサビの部分が付いた楽曲は主役である動画を食ってしまったり、シーンや店舗が合わなかったりしますが、こちらの楽曲はうまい具合に無個性かつイメージづくりに徹した出来になっています。

Evoke Musicは、完全著作権フリー&無料です。利用の基本条件は次の通り。

  • 全ての動画プラットフォームで利用可能
  • 自分が所有または管理している作品と組み合わせて利用する
  • 楽曲のみを配信することはできない

自分が編集した動画をYouTubeやInstagramなどにアップしたい場合、Evoke Musicからダウンロードした音楽を編集でつなぎこめば、期限なしに無料で使うことができるのです。

プランは三つに分かれています。①無料だけどある種の条件があるプラン。②動画投稿などで収益を上げたい人向けに有料にしたプラン、③ビジネス用の有料プランです。

ここでは、完全無料プランでもそこそこのことができる1のプランを検証していきたいと思います。

Evokeのメリット

①~③まですべてのプランに含まれるのが、「著作権フリー」「すべての動画プラットフォームで利用できる」「契約期間中にアップロードしたコンテンツは永久にライセンスが与えられる(有効期限が切れたから追加請求されることはない)」ということ。

これに食え、①では「課金なし」「一日3曲までダウンロード可」「収益の9割は引き去られる」という条件が加わります。

YouTubeで収益が上がっている人にとっては、広告収入の1割が引き去れれることになるのでデメリットの方が大きいのでソンします。

しかし、まだ稼げていない人にとっては課金がないことと、YouTube、Instagram、Facebook、Twitch、TikTokなどの投稿に使えること。1日3曲まではダウンロードできる点は魅力です。

ArtlistやEpidemicSoundなどは月額いくらで費用がかかるのに比べ、無料でかつ、最先端のAI技術で作曲された素材が使える点で魅力があります。

Evokeの使い方

使い方は超簡単です。

  • 公式サイトの検索窓に、自分が使いたい音楽のイメージを言葉にして入力します。
  • するとAIが入力したキーワードにあった音源を瞬時に数曲ほど作曲しリスト化してくれます。
  • イメージを追加して膨らませることも可能。
  • リストの曲を視聴しながらイメージにあった曲を選びダウンロードすれば終了です。
  • 楽曲を構成する楽器のソロの部分だけをダウンロードすることもできます。

無料版Evokeの注意点

無料版を使ってYouTubeに動画をアップロードすると、YouTubeから著作権侵害の表示が帰ってきます。

警告の内容によると、楽曲の収益はすべて権利者に支払われます。しかし、動画制作者には影響がないことが分かります。

一日のダウンロード制限は3曲まで。3曲未満だと翌日3曲にもどりません。3曲ダウンロードしきると翌日制限数がリセットされ3曲にもどるので注意してください。

また、ダウンロードした曲を自分以外の人が使うのもNGです。曲はしっかり管理されています。登録時に自分のサイト情報を登録させられるのはそのためです。曲に登録者情報が埋め込まれているのでうっかりでも使うとペナルティを食らいます。

有料版Evokeと無料版の違い

YouTubeで収益化が認められたら月額1500円で利用できる有料版の方が使い勝手がいいと思います。

最大の理由は広告収入の10%を持って行かれないからです。その外にもメリットがありますので検討してください。

  • AIによるデータ主導のプレミアムBGMが毎時間追加
  • 著作権リスクゼロの永久ライセンス
  • すべてのプラットフォームで利用可能
  • ダウンロード曲数は無制限
  • ビュー数やフォロワー数の制限無し
  • YouTube のマネタイズ可能
  • 1チャンネル分のクライアントワークも可能

まとめ

楽曲のダウンロードサイトの定番はいくつかあります。基本的に使い比べて、仕事量とコスト、それに自分の好みで選ぶべきかと思います。

動画編集を学びたい、収益化がまだ見込まれておらず無料で利用したい人から、楽曲を大量に使いたい、楽曲を提供することで収益を上げたいという人にまで幅広く使えるサービスです。いずれメジャーになりそうな気がします。

次世代型?!! Evoke Music 無料楽曲素材 (著作権フリー)|Ethan|note

著作権フリーの音楽サイトEvoke Musicは無料でも十分使える! | ストケン StreamYard研究会




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。