【Pr】 プロジェクトファイルを復旧する方法Premiere Pro

premiere復旧


フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。
  

Premiere Proで編集する際、上書きしたりしてプロジェクトファイルを壊してしまうことがあります。初心者にとって、時間をかけて作り上げたプロジェクトが一瞬にしてアウトになるのは恐怖ですよね。

そんな時の救済手段があります。

それは自動保存されたプロジェクトファイルを探し出して使うという裏技です。

キングダム第1巻のあらすじと感想 : 【キングダム】最新あらすじから ...
漫画『キングダム』より 左:信 右:漂(ヒョウ)

戦乱の世に生きる少年・信が天下に名を成すことを目指す漫画『キングダム』。強烈な印象を与えたシーンといえば主人公の親友漂(ヒョウ)の最後でした。秦国大王・嬴政(エイセイ)の身代わりとなったのです。バックアップの必要性は紀元前の世界から考えられていたのですね。

自動保存とは

突然のクラッシュが発生した時や保存を忘れた時でもPremiere Proには極力最新の状態を保持してくれる自動保存の機能があります。

自分の環境については[編集][環境設定][自動保存]で確認できます。

デフォルトではこの機能がオンにされています。15分おきに自動で保存されるようになっています。また、保存先をCreative Cloudにするなどの指定もできます。

オートセーブされたプロジェクトファイルはユーザーが保存するプロジェクトファイルとは独立して保存されています。

間違って上書きした場合、このプロジェクトファイルを正規のプロジェクトファイルにすればいいのです。

設定方法

まずメインのプロジェクトファイルを格納しているフォルダーを開きます。私の場合はCreative Cloud上に保存されています。

オートセーブされたプロジェクトファイルは「Adobe Premiere Pro Auto-Save」のフォルダーに入っています。

ファイル名は「プロジェクト名-数字」となっています。プロジェクト名を指定しない場合は名称未設定という文字列が自動的に付与されます。

見てわかるように数字は日付と時刻で構成されています。したがって最新のものは日時で当たりをつけることができます。

復旧する場合は一覧の中から最新のプロジェクトを選択します。コピーしてメインのプロジェクトファイルを格納しているフォルダーにペーストすれば完了です。

注意点

リカバリーデータはできればファイル名を変えて使いましょう。なぜかというと、同名のファイル名として使い始めると、これまで自動保存されていたファイルとかぶってしまう恐れがあるからです。

まとめ

作成中のデータはこまめに保存することをお勧めします。また重要なプロジェクトファイルは別の媒体に複製して保存しておくと、万が一の場合にデータを復旧することができます。

プロジェクトの自動保存 | rgblooks

【Premiere Pro】プロジェクトフォルダ整理術 | Vook(ヴック)




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。