【初心者】使える演出Premiere Proのブラックビデオの作り方

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

真っ黒な画面から映像が立ち上がる。シンプルだけど飽きのこない演出としてテレビドキュメンタリーなどでよく使われてきた効果です。

真っ黒い動画素材なんか持っていないという人もいるかと思いますが、初心者でもかんたんにPremiere Proが持っている[ブラックビデオ]でつくることができます。

黒い画面の使い方

ビデオトラックの空白の部分は、そのトラックよりも下のトラックに映像がなければ黒く見えます。

注意してほしいのが、黒い画面には何も写っていないからというので、編集画面に自動的に表示される黒い画面を利用しようとする人がいます。

編集のためにこうした空白を使うとあとあとトラブルの元です。Premiere Proには黒画面専用の機能があるので利用しましょう。

ブラックビデオの作り方

初めて操作する人が戸惑うのは、どこを探していいか説明が不十分なこと。プロジェクトパネルにある[新規項目]といわれてもわかりませんよね。実はここにあります。

隅が折られたカードのようなアイコンが[新規項目]です。ここをクリックすると[カラーバー&トーン]の下に[ブラックビデオ]という表示があるので、それをクリックします。

するとビデオ設定が現れるのでクリック。表示は無視してOKを押します。

編集するビデオの設定に合わせて記入するとプロジェクトパネルの中に[ブラックビデオ]という映像素材が追加されます。

他のクリップと同様に編集ができるので、編集中のタイムラインに挿入します。

挿入方法は、ブラックビデオをプロジェクトバネルでダブルクリックしてソースモニターに表示します。

次に再生ヘッドをタイムラインの先頭のフレームに移動します。

準備が終わったら[インサート]アイコンをクリックします。以上です。

インサート方法はもう一つあります。

ショートカットキーを使う方法です。プロジェクトパネル上のブラックビデオを選択して[カンマ(,)]キーを押すことでインサートできます。

注意するのは再生ヘッドの部分に素材があっても構わずぶった切ってインサートされるので、分割されたくない場合は空白の部分に再生ヘッドを持っていくなどしてください。

黒バックから映像をトランジションさせる

ブラックビデオにつづいて本編映像が並べ終わったら、カット点にトランジションのエフェクトをかけるだけで完成です。

ブラックビデオとトランジションを組み合わせることで様々な出現パターンを作ることができるのでチャレンジしてみてください。

まとめ

黒バックはブラックビデオを使うかわりに黒い静止画を作って代用する方法もあります。私はもっぱら静止画を動画の代わりに編集して使っていますがノープロブレムです。

静止画を使う方法のメリットは自由に色味を変えることができることです。

よく使われるのがエンディング部分です。映画のエンドロールでよく見かけます。

背景色を白に変えるとまた別な効果が生まれます。私がよく使うのはラストカットの映像を白色の静止画に重ねてディゾルブのトランジションをかける方法です。

ラストカットの映像が弱い場合など強制的に白く飛ばすと着地がしっくりくる場合があるからです。別の色のクリップを作成するには、カラーマットを使用します。