【Pr】Premiere Pro リップルツールの使い方

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

編集したカットのカット点を変更する。たとえば音の出だしや表情の変化を調整するなどでクリップの長さを調整をしたくなることがあります。そんなとき使えるのがリップルツールです。

リップルツールとは

リップルとは隙間(リップル)のこと。

トークの不要な間合いなどを編集するとできる隙間。リップルツールはこの隙間を作らないように編集する方法です。自動的に前後のカットの編集点がずれて隙間が閉じます。

リップルツールの使い方

ツールパネルから[リップルツール]を選択します。ショートカットを使う場合は[B]を押します。
マウスカーソルを伸び縮みさせたいクリップの編集点に持っていき、クリップをドラッグしてみましょう。

編集点にマウスを持っていくと、マークが変化します。

編集点の前にあるクリッブでは左向きの矢印。

編集点の後ろにあるクリップでは右向きの矢印になります。

左向きの矢印をドラッグすると前のクリップの尻の映像が伸び縮みします。マウスを離すとドラッグした分だけカットの尺が短くなり、隙間が詰まります。

編集点の後ろにあるクリップに表示された右向きの矢印をドラッグすると同様にクリップが変化します。

このように隙間を作らないのがリップルツールの役割です。

《付録》リップル削除とは

数多くのクリップを並べ替えるような編集方法では、カットとカットの合間が空いても気になりませんが、トーク動画などの不要な間を詰めるような編集をする場合に便利なのがリップルツールです。

Premiere Proで「リップル」を検索するとアプリケーションとしての[リップルツール]とよく似た言葉で[リップル削除]というコマンドが見つかります。

この[リップル削除]は、上記で説明した[リップルツール]とはまったく関係がないものです。[リップルツール]を削除するものではありません。

編集が上達した時使うと便利なコマンドなのでのちほど覚えてください。編集が速くなります。

この[リップル削除]とは、タイムライン上でイン点とアウト点で範囲指定したクリップを削除した上でできた余白を詰めて、前後のカットを密着してくれるものです。

いわゆる「ジェット編集」する時かかせないコマンドだということだけ頭にとどめてください。

トーク動画の編集でよく、無駄な喋りや間を詰めた動画を作る際に効果を発揮します。