【Pr】クリップの動きをストップする方法 Premiere Pro

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

野球などでボールがバットに当たる瞬間とか。動画を途中でストップしたい時ってありますよね。

時間を止めたい時はコントロールパネルの[速度]を使って調節しましょう。

速度の調節方法

まず、一時停止させたい部分にインジケーターを合わせます。

次にエフェクトコントロールパネルを開きます。

[速度]をクリックすると、横にタイムラインが開きます。インジケーターと交差する横線(ラバーバンド)を[Ctrl]キーを押しながらクリックします。クリップの速度に変化をつけたい時は「ラバーバンド」を操作します。

すると、タイムライン上にキーフレームが打たれ、間ができます。「ここから速度を変えますよ」という目印です。

続いて、キーフレーの右側を[Ctrl]+[Alt]を押しながらドラッグします。するとキーフレームが分離されます。

分離したキーフレームには点線が表示されます。

この点線の部分だけ速度は「0%」になっています。

タイムラインを見てみると、クリップの映像部分だけ尺が増えているのがわかります。音の部分は変えずにクリップが一時停止している分だけ伸びていることがわかります。

まとめ

クリップの速度調整は、エフェクトコントロールパネルのラバーバンドを使います。ラバーバンドの数値を0にすると停止。1から100%に変えることで速度を自在に操れます。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。