【Pr】動画の 色を調整 する方法Premiere Pro

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 色を調整 する方法を書きます。

撮影した動画が「暗い」とか「色がおかしい」と困ったことありませんか。

Premiere Proではルメトリ(Lumetri)カラーで色を補正をすることができます。

調整レイヤーを使うと便利

まずその前に・・・

すでにタイムライン上で編集中のクリップを一括して調整するには[調整レイヤー]を使うと便利です。

[調整レイヤー]とは、例えて言うなら商品の上に被せる透明のラッピングのようなもの。

このラッピングを使ってクリップの色調や露出などを一括して調整してくれます。

しかも、途中で変更したくなったら[調整レイヤー]を付け直すことで簡単に修正できます。

クリップの色調や露光にはいっさい手を加えずに変更してくれるので安心です。

カラーコレクションとカラーグレーディング

初心者がつまづきやすいのがコレクションとグレーディングの違いです。

動画編集での色調補正は「カラーコレクション」と「カラーグレーディング」の二段階で行われます。

カラーコレクションとは本来あるべき色調に補正することを言います。

対してカラーグレーディングは「盛ること」。

自分のイメージに近い色調にわざと映像を加工することです。

撮影した映像を見た目の映像に戻したいのであればグレーディングはひとまず無視しましょう。

カラーコレクションの方法

ではクリップの色調を補正してみましょう。

Premiere Proでは「Lumetriカラー」の「基本補正」を使って動画の色調を調整することで、「カラーコレクション」をおこなうことができます。

手順は二つありますがどちらを選んでもOKです。

  • 1クリップを選択しエフェクトパネルの[ビデオエフェクト][カラー補正][Lumetriカラー]と進み[Lumetriカラー]をドラッグアンドドロップでクリップに適用します。
  • クリップを選択しメニューバーの[ウィンドウ][Lumetriカラー]から[Lumetriカラーパネル]を開き、必要な項目の値を調整します。するとクリップにLumetriカラーのエフェクトが適用されます。

色補正をおこなう場合によく使う「基本補正」の項目は「ホワイトバランス」「トーン」「彩度」の三つです。

まずは最重要のホワイトバランスを補正します。

※ホワイトバランスに問題がない場合は[トーン][彩度]にスキップしてください

ホワイトバランスとは

光の三原則と言う言葉を聞いた人ならわかると思いますが、私たちが見る光景は赤、青、黄の三つの色で作られています。

この三つの色が全て合わさると色は消え白になります。

反対に色がなくなると漆黒の黒になります。

撮影した動画の色調がおかしく感じるのは、この三原色のバランスが正確ではないためです。

ホワイトバランスとは本来白く見えるべき場所を基準にクリップ全体の色調を調整することを指します。

ホワイトバランスを調整するには[WBセレクター][色温度][色かぶり補正]をそれぞれ調整します。

WBセレクター

WBセレクターは画面の白い部分を指定することで、ソフトが自動的に白い部分を分析し、画面全体の色調を補正してくれる優れものです。

スポイトマークを使って白い部分を選択するだけでOKです。

色温度

色温度とは、温かく見せるか、冷たく見せるかを決めるものです。

電灯光で撮影した映像はオレンジがかって見え、蛍光灯の光源で撮影した映像は青みがかって見えます。

+に調整するとオレンジ系の暖色が強調されます。逆に-に調整するとブルー系の寒色が強調されます。

色被り補正

色かぶり補正は、変色している白色部分を補正するためのもの。

+に調整するとマゼンタ(紫)系が強調されます。逆に-に調整するとグリーン系が強調されます。

トーンと彩度

トーンとは、素材シーンの「明るさ」を調整して色補正するもの。

明るさを微妙に調整することで画面全体のバランスを作り出します。

トーンはさらに細かく調整ができます。

露光量は、光の量を調整します。

  • コントラストは、明るさのギャップを調整します
  • ハイライトは、明るい部分のみを調整します
  • シャドウは、暗い部分のみを調整します
  • 白レベルは、白色部分のみを調整します
  • 黒レベルは、黒色部分のみを調整します

特に重要なのは露光量です。

過度な露光は画面全体を明るくします。

光が当たりすぎた場所はデータが飽和状態となり白飛びと言う修復不能な状態を引き起こします。反対に光が足りない場所はデータがゼロとなり、これまた修復不能な黒つぶれという状態になります。

露光量の調整は白飛び、黒つぶれを起こさない範囲で調整することが重要です。

彩度とは「鮮やかさ」を調整して色補正するもの。元の色に近づけるように調整するもので、正解はありません。

したがって感覚的な調整と言えるかもしれません。

Lumetriカラーで修正したいクリップの色味を一致させる

修正したいクリップを表示し、比較表示をクリックすると画面が分割されます。

左の画面をタイムラインで動かし、「修正済」のクリップを選択します。

[一致を適用]をクリックするとこれから修正したいクリップの色味をあわせて補正してくれます。

まとめ

Premiere Proを使った色の調整では飽き足らない人や、RAW形式で収録した動画データのコレクションやグレーディングが必要な場合はPremiere Proの機能では物足りなくなることがあります。

そんな人はDaVinci Resolve17の機能を使ってみることも選択肢に入れてみることをお勧めします。