【Pr】編集でできた ギャップ 空白を詰める方法Premiere Pro

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 ギャップ削除 を書きます。

編集でトリミングをしていると不要な部分を除いた跡がどんどん出ます。

この隙間を詰める作業は一苦労です。

この作業、編集に慣れてくると単純作業の割には時間を食います。

なんとかしたいですよね。

ギャップとは

クリップ間の空白のことを「ギャップ」といいます。[1]クリップの空間を「リップル」と表現する人もいますギャップが残るとトラブルのもと。

レンダリングした後気づいてやり直しなんてトラブルになります。

このギャップを削除するとき使うのが「リップル削除」です。

リップル削除というのはギャップを削除した時、後に続くクリップを左に移動させることで間を詰めることをいいます。

いくつか方法があるので覚えておくと作業時間を大幅に短縮することができます。

ギャップを削除する方法

ギャップを詰めるには、編集で空いた隙間部分をマウスで選択しDeleteキーを使用します。

一括で複数のギャップを詰める方法

[ギャップを詰める]を選択して削除します。

クリップを削除するときにギャップを作らせない方法

編集段階でカットと同時に隙間も削除できると一石二鳥です。

[Shift+Delete]を同時押しでクリップを消すと、続くクリップが自動的に左に移動して隙間が自動的に埋まります。

タイムラインではよく利用する覚えておきたいショートカットなので、単純な[delete]と[Shift+Delete]を使い分けましょう。

見落としたギャップを発見する方法

1フレームや2フレームの小さいギャップは結構な確率で見落とします。

いつの間にかできてしまったギャップを効率よく見つける機能があります。

メニューから[シーケンス][ギャップへ移動][シーケンス内で次へ]を選択します。

すると再生ヘッドがギャップを検知した場所に移動するので見逃しがちなギャップを発見することができます。

ほかのトラックが邪魔してギャップが詰まらない時の解決法

他のトラックで、ギャップがある範囲でつながっているクリップがあると「リップル削除」はできません。

上の図の赤枠にあたる部分は、deleteキーを押しても削除できません。

解決策は他のトラックを”ロック”することです。

タイムラインの左側にある「トラックロックの切り替え」機能を持つ鍵マークをクリックするとトラックが固定されます。
この状態で「リップル削除」することでギャップの間を詰めることができます。

まとめ

プレビュー段階でしっかりとギャップがないかどうかを確認しましょう。

[Shift+Delete] で見つけしだい間を詰めておくと余計なトラブルに巻き込まれずに済みます。

References

References
1 クリップの空間を「リップル」と表現する人もいます