CryptSvcが原因でCromeがERR_TIMED_OUTエラーのメッセージを表示した件【解決策】

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

マザーボートとCPUを交換しました。編集環境を変えたところ、さまざまな問題に直面しました。極めつけはgoogle Cromeのトラブルです。

サイトを閲覧しようとすると・・・「time_out」の表示。ウェブサイトの閲覧ができなくなったのです。

これには参りました。サイトを見て回っても解決策は一つではありません。探っては確かめているうちに三時間もたってしまいました。

たどり着いた解決策は次の方法です。

[CryptSvc]を自動から手動に変えること

Windowsの環境から[コンピューターの管理][サービス]と進み、CryptSvcを選択します。

ダブルクリックしてプロパティを開き、スタートアップを自動から手動に切り替え保存します。

これでCromeのtime_outは解消されます。

【Windows 10】 Cryptographic Services サービス起動の必要性 | 個人PCの性能とセキュリティ向上

原因はこれだ

Chromeでのサイト閲覧がまともにできなくなってしまう不具合の原因は、2018年春、Windows 10で行われたアップデート「April 2018 Update(バージョン1803)」によるものだそうです。

Edgeでは通常通りサイトを閲覧できるのですが、Chromeを利用すると「このサイトにアクセスできません 【URL】 からの応答時間が長すぎます。」といったようなERR_TIMED_OUTエラーのメッセージが表示されます。

Cryptographic Services(CryptSvc)というネットワークサービスが上手く動作せず、Chromeでの通信時にタイムアウトしてしまうことが原因といわれています。

PCのシステム構成

  • CPU:AMD_RYZEN_2700X
  • マザーボード:ASUS ROG RTRIX B450-F
  • OS:Windows10

Cryptographic Services(CryptSvc) による障害は使用する機器・ハードウェアによると言われています。

マザーボードおよびグラフィックボードのファームウェアを最新のものにアップデートしても症状は改善されていません(2019.09.03現在)

同じような障害に遭われた方は参考にしてください。