YouTubeにヒットするタグの打ち方、探し方

ヒットするタグ
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

作った動画をYouTubeに公開したら、なるべく多くの人に見てもらいたいもの。

そんな時便利なのがタグという機能です。

タグの使い方をまとめました。

タグとは何か

タグとはキーワードを設定することで動画のジャンルを分けるものです。

  • 動画のカテゴリーが整理できる
  • 設定するだけでアクセスを呼び込むことが可能
  • あなたのおすすめに表示されやすくなる
  • 再生回数が伸びやすくなる

タグを活用することで、関連するジャンルの動画に自分が公開した動画が仲間入りして表示されるようになります。

関連動画からの流入対策にタグを使おう

SNSで使われているハッシュタグのようなものなのですが、YouTube上では見ることができない仕組みになっているので気がつく人があまりいません。

しかし、動画を拡散する上でタグは重要な役割を持っているのです。

動画を再生すると右側に表示される動画があります。

よく似たジャンルの動画リストが表示されるのですが、この動画を表示させるためにタグが使われているのです。

タグを付けて目立たせよう

タグの入力はクリエイターツールから行います。

動画の右下にある「編集」ボタンをクリックし、出てきたメニューの「情報と設定」をクリックします。サムネイルの下にタグの入力枠が表示されるので、そこにキーワードを入力します。

複数のキーワードを入力する場合はキーワードの間に「,」を入れます。あらかじめテキストで複数のキーワードを作っておいて、一括してコピペすると手間を省くことができます。

タグを使うと2つのメリットがあります。

  • YouTubeが動画の内容を判断しやすくなる
  • ほかの関連動画とタグを通じて結びつきやすくなる

動画がYouTubeに再生される場合、メインの動画の終了後によく似た関連動画が再生されるパターンが多いと言われます。

あなたの動画がライバルの動画の関連動画の欄に表示されて、それを見た人が再生するという流れです。

この流れを意図的に作ってしまおう!!というのがタグを使った関連動画対策なのです。

入力方法

タグの入力の仕方は簡単です。画面のタグ記入欄を開いてキーワードを書き込み、「Enter(エンターキー)」を押すだけです。

設定が終わったら「変更を保存」をクリックすると完了になります。

入れるべきタグとは

入れるべきタグは二つあります。

  • 自分のチャンネル名とチャンネルID
  • 人気動画に埋め込まれたタグ

自分のチャンネル名とチャンネルIDは必須です。自分がアップロードしている動画に入れることで、自分の動画が再生された時に関連動画に出現させやすくなります。

探し方は公式ページから確認できます。

YouTube のユーザー ID とチャンネル ID を確認する – YouTube ヘルプ

チャンネルIDはurlにコピペすると自分のチャンネルが直接検索できるので便利です。

自分のチャンネル名をタグに載せるのも検索利便性を高めるのでオススメです。

しかし、自分のユーザーIDを載せてしまうとセキュリティ上問題が出てくるのでやめた方がいいです。

人気動画のタグを使いまわすことも関連動画に再生されやすくなる方法の一つです。アップロードした動画と同じジャンルの人気動画を探し、その動画に使われているタグを使うことです。

動画のタグを発見する方法

YouTubeでタグを見ることができるのは自分が編集した動画に限られます。しかし、ある方法を使えば動画のタグを確認することができます。

方法1

  1. 任意のYouTubeを立ち上げる
  2. Cromeの右上にある三つの丸アイコンを選択し[その他ツール][デベロッパーツール]に進む
  3. 動画のコードが表示されたら[Ctrl+f]を押し[文字検索窓]を開く
  4. 検索窓に[keywords”:]と入力する

方法2

  • 任意のYouTubeを立ち上げる
  • 画面のどこかを右クリックする
  • 表示の中から[ページのソースを表示]をクリックする(もしくはctrl+u)
  • ページが現れたら[Ctrl+f]を押し[文字検索窓]を開く
  • 検索窓に[keywords”:]と入力する

具体的に見ていきましょう。まずYouTubeの動画を表示します。

余白の部分にマウスを置いてデベロッパーツールでソースコードを表示します。

動画のコードが表示されたら[Ctrl+f]を押します。すると[文字検索窓]が開きます。ここにkeywords”:と入力すると、ソースコードの中からkeywordsと記述された部分が検索されます。

Keywords”:の後ろにある””で囲まれた文字が、この動画に埋め込まれたタグです。

この動画の場合、japan、Tokyo、Travel、NIPPON、Tokyo Street、Tokyo Trip、Sightseeing、Tour、Tokyo Travel、Walk、TOKYO CRUISE、日本、東京、4K、ultra High Definition、UHD、NIPPON WANDERING TV、DJI、Osmo、Futagotamagawa、二子玉川、と22個ものタグが記入されていました。

一説によるとタグをたくさん付けすぎるとスパムと誤認されてしまうことがあり、アカウントが停止されることもあるようです。入力するタグの数も慎重に見極めながら入れるようにしましょう。

【超簡単】YouTubeタグの見方!~スマホ・PCで確認する方法~

#の持つ能力とは

SNSでおなじみの#。「ハッシュタグ」です。

YouTubeでもハッシュタグを使うことができます。似た用語なので混乱しがちですが、ハッシュタグとタグを使い分けすることで再生回数アップに役立てることができます。

ハッシュタグはタイトルに使う

#は動画のタイトルや説明文で使うことができます。使い方はキーワードの前に#をつけるだけです。

YouTubeの「タグ」と「ハッシュタグ」の違い・使い方 | カナクギのブログ

動画の視聴者が『ハッシュタグ検索』で探したときキーワードの前に#がついていると検索されやすくなります。なぜかというと、仕様上、ハッシュタグ検索は話題性(トレンド性・イベント性)を重視した検索なので、新しい動画を最新情報と判断して上位表示される可能性が上がるのです。

ハッシュタグの書き方

1.『#』は小文字で書きます。大文字はタグとして見られずに文字として認識されます。

2.『#』の単語が2語以上の場合は、スペースを開けずに書きます。

例 : ✕#芸能  ニュース → ◯#芸能ニュース

3.『#』を複数記載する場合は、スペースを開けず連続で書いてください。

例:#東京#大阪#中部#北海道

4.動画と関係のないワードを入れないようにしましょう。

5.数は5個までにしておきましょう。

6.YouTubeで禁止されてるワードを使わないようにしましょう。

まとめ タイトルにも気を配ろう

動画を公開するのであれば、なるべく多くの人に見てもらいたいもの。タグ付けに習熟するのも必要ですが、動画のタイトルづくりにエネルギーを使った方が効果的です。

「見てもらいたい」「続けて見たい」というタイトルづくりにもこだわりましょう。