閲覧や検索の履歴を残さないYouTubeシークレットモードの使い方

シークレットモード
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

YouTube を閲覧すると検索履歴や閲覧履歴・再生履歴などがそのパソコンに記録されます。またアクセスしたログと呼ばれる記録はサーバーに記録されます。

複数の人が使うパソコンで動画を見るとき、検索履歴や閲覧履歴を残したくないと思うことってありませんか。履歴を残さないでYouTubeを観覧する方法は各ブラウザごとにあります。

パソコンにYouTube履歴を残さない方法

パソコンでYouTubeを見るとき、YouTubeには履歴を残さないようにする機能はついていません。スマホには用意されているのですが、パソコンには用意されていないのです。

ではどうするかというと、YouTubeを載せているブラウザが持っている履歴を残さない機能を使います。

ブラウザごとに使い方は異なるので注意しましょう。ここでは代表的なフラウザ、ChromeとEdgeをまとめました。

Chromeの場合

Chromeにはシークレットモードという機能があります。
Chromeを開いて右上にある三本線アイコンから[シークレット ウィンドウを開く]をクリックします。「シークレットモードです」という新しいウィンドウが立ち上がります。
このウィンドウから観覧したものは履歴が残りません。

シークレットモードを終了させるにはウインドウを閉じるだけでいいので楽ちんです。

Edgeの場合

Edgeではインプライベートを使う
[新しい InPrivate ウィンドウ]をクリックすることで開くことができます。

スマホでYouTubeを見る場合はアプリから見ます。アプリにはプロフィール欄にシークレットモードのスイッチがあるのでそれを使います。

スマホで見る場合

YouTube アプリを開き画面右上にあるプロフィールアイコンをタップします。
[シークレット モードをオンにする]をタップします。
シークレット モードに切り替わります。
シークレット モードでは画面下部に[シークレット モード使用中]と表示されます。
プロフィールアイコン部分も変わります。
この状態で YouTube の動画を検索したり閲覧すれば履歴は残りません。試しにYouTubeで検索しようとすると「シークレットモードでは検索履歴は残りません」と表示されます。登録チャンネルやライブラリも表示されなくなります。

シークレットモードはYouTube動画を見終わっても自動的に解除されないので、必要に応じて解除する必要があります。
解除するには、設定と逆のことをします。
YouTube アプリを開き、画面右上にあるプロフィールアイコンをタップし、[シークレット モードをオフにする]をタップします。以上です。

まとめ

履歴を残さないでおくと、見逃した動画やもう一度見たい動画を探しにくくなります。自己責任でお願いします。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。