YouTubeのチャンネルアートを消す方法

チャンネルアート消去
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

YouTubeのチャンネルイメージづくりを考えるとき、重要なのがサイトの背景デザインです。

こんな質問に答えました。

YouTubeのチャンネルアートを削除して
チャンネルアートの、無い状態にしたいのですが
もう消せないのですか?

チャンネルページの背景に飾る写真やイラストなどのチャンネルアートは自分好みのデザインに変えることができます。

ガイドを見ても削除する方法は載っていなかったので別の手を考えてみました。

YouTubeのチャンネルアートの消し方

チャンネルアートを変更するにはYouTubeに入って右上の[アカウントアイコン]から[チャンネル]に進みます。

画面にある[チャンネルをカスタマイズ]をクリックして、出てきた画面の右上にあるペンマークをクリックするとチャンネルアートの編集ができます。

YouTubeのチャンネルアートに設定できる画像サイズは2,560×1,440ピクセルが推奨されています。アップロードできるファイルのサイズは2MBまでです。

変更したい場合の方法については、[ガイドライン]に説明があり、掲載する画像についてのルールが書かれています。

掲載する画像について「画像が見えるか見えないか」という見え方についての記述はありません。

つまりルール上の問題はないのです。

目に見える画像ではなく「透明な画像」に差し替えることで、目的の効果である”チャンネルアートがなかった”かのように見せることはできます。

作り方は、
1.画像ソフトを使って2040×1152ピクセル以上2,560×1,440ピクセルまでの背景が透明画像をつくります。
2.PNG形式で書き出します
3.その画像を[チャンネルアートを編集][写真をアップロード]でドラッグ&ドロップすれば完了です。

推奨サイズ内であれば自分の好みの画像を壁紙を貼りかえるように飾ることができるので、fotorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使ってデザインすることができます。

画像加工編集:Fotor – 無料のオンライン写真加工&グラフィックデザイン

YouTubeチャンネルに使った透明な画像データ

この下に貼っている画像がpng形式にした透過画像です。

透明画像 形式はPNG

つくった画像は透明なのでYouTubeチャンネル上の写真に差し替えると背景色が透けて見える画面になります。

さて、透明画像をつくるには グラフィックソフトが必須です。手軽に使えるソフトをピックアップしてみました。

YouTubeチャンネルアートが作れるアプリ

Fotor

fotorとはオンラインで簡単に写真加工ができる無料のグラフィックツールです。

動作が重い、形に添って切り抜きができないなど、Photoshopなどに慣れた人からは使いにくい部分もありますが、画像の拡大や縮小、トリミング、文字入れなどができます。ソフトをインストールできない環境などで使うには便利なツールです。

画像加工編集:Fotor – 無料のオンライン写真加工&グラフィックデザイン

Canva(キャンバ)

美しいデザインをチームで作成できる無料のグラフィックデザインソフトです。また、CanvaにはiPhone・iPad、Androidのアプリが用意されています。ポスターやチラシからSNSで使うバナー画像までwebブラウザ上で作業ができるのでPCを持っていない人や外出先で作業ができます。

無料デザインツールCanvaとは?できることを解説

FotoJet(フォトジェット)

PCで手軽にYouTubeチャンネルアートが作れるWEB版のみのサービスです。スマホアプリ版はありません。

無料オンライングラフィックデザイナー| コラージュメーカー| フォトエディタ – FotoJet

Adobe Spark(アドビ・スパーク) 有料

Photoshopを扱うAdobe社のグラフィックデザインソフトです。有料です。PC、Mac、スマホ版とあるのでどんな環境にも対応しています。

Adobe Spark | グラフィック、webページ、ビデオストーリーを簡単に作成

まとめ

透明画像を作るにはPhotoshopなどの有料のグラフィックソフトが便利ですが、GIMPなどを使う方法もあります。個性を広く認めてもらう手段の一つが背景画像の使い方です。思い切った見せ方にチャレンジしてください。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。