After Effects 連携 したテロップアニメーションの読み込み方DaVinci Resolve17

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。DaVinci Resolve17と After Effects 連携 について書きます。

After Effects で作ったテロップアニメーションをDaVinci Resolve17でも使いたいことってありませんか。
DaVinci Resolve17とAfter Effects の連携に関する情報はなかなか見つかりません。

私はAfter Effects からいったんTIFFシーケンス(アルファ付き)で書き出したものをDaVinci Resolve17に読み込ませたものを適宜編集して使っています。

After Effects 連携 の準備

After Effects でテロップアニメーションをつくります。

できたテロップは合成用に背景を透明にして書き出す必要があります。

After Effects 連携

レンダリングの際は[出力モジュール]をTIFFシーケンス(アルファ付き)にして書き出します。

背景をつけて書き出したもの

すると保存先のフォルダにフレームごとに連番がつけられた画像データが書き出されます。

画像はTIFF形式のため、背景は透明になっています。

DaVinci Resolve17の手順

次にDaVinci Resolve17を起動します。

[カット]ページの[メディアストレージ]からAfter Effectsから書き出したテロップデータの入ったフォルダを選択します。

すると[ファイル名_連番ー連番]がつけられたサムネイル画像が表示されるので選択します。

[エディット]ページからタイムライン上に乗せることで、After Effectsでつくったテロップアニメーションを合成することができます。

一枚のテロップとして抜き出したい場合は

DaVinci Resolve17を起動し、[カット]ページの[メディアストレージ]から取り込む際、[個々のフレームを表示]をクリックします。

背景を付けて書き出したもの

すると、After Effects で作った全フレームが一枚絵に分割されて表示されるので、使いたいフレームを選択して取り込めばOKです。

まとめ

After EffectsとPremiere Proはメーカーが同じことから連携ルートはありますが、DaVinci Resolve17との連携はあまり見かけません。しかし、たまに作ったコンテンツを使いまわすこともあると思いますので、こうした方法があることも頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ

基礎的なことを集中して学ぶのはスクールが一番。デジタルハリウッドではオンライン学習もできます。短時間で自分を伸ばすコツをつかみましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。