オブジェクトの複数か所に マスク をかける方法

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

テキストにマスクをかけるには、テキストレイヤーの隠したい部分を直接長方形ツールなどで描画すると、自動的にマスクがかかることを習いました。

しかし、長方形ツールで隠しきれない部分にマスクをかけるにはどうしたらいいのでしょうか。解決策を探りました。

隠しきれない部分にマスクをかけるには

課題にぶち当たったのは上のようなケース。テキストアニメーションを回転させながら登場させるアニメーションを作ろうとしたところ、

文字列の末尾の部分がマスク用に描画した長方形からはみ出てしまいます。

ネットを見ると長方形ではなく直線ツールでシェイプを描き、キーフレームで変形させればいいという説明が見つかりました。しかしシェイプを変形させる知識がありません。

試行錯誤した結果、長方形を二つつくり両方にマスクをかければいいのではないかとひらめきました。

ところが、最初に作ったシェイプレイヤーの長方形にはマスクがかかりますが、もう一つシェイプレイヤーを作ってマスクをかけようとしてもかかりません。シェイプレイヤー2ができてしまうのです。

テキストレイヤーからマットをかけようとしても、見つかるのは謝意プレイヤー1だけです。

試行錯誤の末たどり着いた正解は、シェイプレイヤー2に長方形を作るのではなく、最初につくったシェイプレイヤーの中に長方形をもう一つつくり、二つの長方形をそれぞれアニメーションさせる方法でした。

以下、その手順を紹介します。

マットは一つのシェイプに対してかけられる

上の図が解決策です。

回転して現れるテキストの上にマスクに使ったシェイプレイヤー1を配置した上で、テキストから[アルファ反転マット]でシェイプレイヤー1を指定しました。

こうすることでシェイプレイヤーに描かれた図形が下のテキストをマスクします。

実は、長方形は[コンテンツ][追加]の中にある[長方形]を選択することで、ツールバーの長方形を使うことなしに追加できたのです。

長方形1と長方形2はともにシェイプレイヤー1に入っているわけですから、下のテキストレイヤーにマスクをかけることができます。

この構造がわかれば、あとは長方形にアニメーションをかけることでマスクの位置をずらすことができます。

ということで、はみ出たテキストの部分に長方形を描き覆い隠します。

マスクにつかう長方形だけを示すとこんな具合。

この長方形を、テキストが動き始めると同時にテキストに追従するように画面下にアニメーションさせました。

結果が上の動画。見せたくない部分を隠すことができました。

まとめ

チュートリアルなどで教えてくれるのは基礎編にあたるシンプルなものばかり、しかし実戦では一工夫必要な課題にぶち当たります。応用問題は自分の頭で考えて解くしかありません。

  • 追加でシェイプは複数レイヤーの中に置くことができる。
  • レイヤーの中のあれば、マットは複数かけられる。

これが今日出会うことができた「気づき」です。

一日がかりでたどり着いた解決策。上級者がいれば一瞬で解決したかもしれません。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ