BMPCC4Kを遠隔操作できるiPhoneアプリ Bluetooth+ for Blackmagic

Bluetooth+ for Blackmagic
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。Bluetooth+ for Blackmagic を書きます。

BMPCC4Kをインターネットにつないで使うことがほとんどない人や、初心者にはあまり知られていませんが、BMPCCにはBluetoothが内蔵されていて、iPhone、iPad、Androidから無線で操作ができます。

iPhoneと連携するメリットはいくつかあります。

一人で複数のカメラで撮影する場合など、無人側のカメラが正常に動作しているか確認できます。

また、ジンバル撮影のように手の動きが制限される場合など手の位置の近くにスマホを置くことでカメラ本体に触ることなしに操作ができます。

Bluetooth+ for Blackmagicを使ってiPhoneと連携する方法

BMPCC4KとiPhoneを連携させるには【Bluetooth+ for Blackmajic】というアプリを使います。

iPad版アプリはブラックマジックデザインで無償提供していますがiPhone版およびAndroid版は600円の有料になります。

正直「有料アプリ」ってのと「We Are Empire PTY LTD」という謎の会社なのでアプリを使うのに躊躇しましたが、実際に使ってみたらその機能に惚れ込んだ感じです。値段は600円。その価値以上の効果があります。

BMPCC4Kを操作するスマホアプリBluetooth+ for Blackmagic

BMPCC4K側の操作

BMPCC4Kの設定画面の[SETUP]から[Bluetooth]の設定画面を開き[Bluetooth]をONにします。

BMPCC4Kの Bluetooth名は画面下に表示されるのでメモしておきます。

BMPCC4Kの設定はこれでOK。次にiPhone側のセッティングに移ります。

iPhone側の操作

iPhoneの[Bluetooth]の設定をONにします。

iPhoneを開くと、SELECT CAMERAの一覧にBluetoothでつながったBMPCC4Kと番号が表示されます。

アプリをアップグレードさせることで12台まで接続できるようです。

接続したいカメラの名前を選択します。

すると、画面下の「Connect」が選択できる状態になります。Connectを押すとBMPCC4KとiPhoneが接続されます。

iPhone側でできること

Bluetooth+ for Blackmagicを使うことで、BMPCC4Kの操作は基本すべて可能になります。

記録方式、露出、シャッタースピード、ホワイトバランス、ティント、オートフォーカス、RECボタンも操作できます。

フォーカスも変えることができますが反応がいまいちなので実用には向かないようです。

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ