【無料】万能トランジション”Davinci Resolve 16.2 Transitions Pack”

プラグイン・トランジション
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画編集していると、カット替わりにトランジション効果をかけたくなることってありませんか。ソフトによっては数が限られていたり、有料だったりすることがありますよね。

DaVinci Resolve関連の情報をいつもアップしているYouTuberのMrAlexTechさんが、無料トランジションパックを公開しています。早速ダウンロードしてみました。

※Davinci Resolve16用とありますが、Davinci Resolve17にアップロードしても未確認のアラームが出ますが問題なく使えます。

トランジションとは

トランジションはカットとカットの切り替わりに動画的な効果を加える技です。オーバーラップやワイプなどの基本から流れる滝のような切り替わりなど劇的な効果を演出するとき便利です。

ダウンロードしたばかりのDaVinci Resolveには基本のトランジションしか載っていません。特殊なトランジションをかけたいと人はFUSIONの機能を使って自作するしかありません。

仕組みから学ぼうとするのは時間の無駄です

編集エンジニアを目指す人はしっかり仕組みを学ぶべきです。だけど私のように成果物が仕上がればいい人にとっては、日常使わないような仕組みを学ぶのは時間の無駄です。

初心者はテンプレのパーツを使った方が早いので、作品として素早く仕上げることを目的にしましょう。

海外のユーザーが自作たのがこのトランジションサービス。

Free Transitions Pack for Davinci Resolve 16.2 by MrAlexTech

実装すればわかると思いますがこれはすごすぎる。

MrAlexTechによると、無償で提供しているのはDavinciResolve16.2の無料トランジションパック。

「FREE Seamless Movement Davinci Resolve UPDATED FOR 16.2 Transitions Pack」

互換性があり、あらゆるタイムライン、解像度、フレームレートでも動作するとのことです。

ダウンロード

MrAlexTechSeamlessのダウンロードは二通り、OneDriveもしくはGofileです。
MicrosoftユーザーはOneDriveを使う方が多いと思いますのでこちらから。

OneDriveにダウンロードする

OneDriveにアクセスすると下記のようなMrAlexTechさんのダウンロードフォルダが開きます。

ちなみにGofileからもダウンロードできます。これは無料で匿名のファイル共有プラットフォームです。 すべてのタイプのデータ(ファイル、画像、音楽、ビデオなど)を保存および共有できます。 制限はありません。接続の最大速度でダウンロードし、すべて無料です。

Gofileからダウンロードする

インストール方法

DaVinci Resolveを終了する。MrAlexTechSeamlessを解凍するとトランジションファイルが詰まったフォルダが開くので[MrAT-]と表記されたファイルを選択する。

MAC:
/Applications/DaVinci Resolve/DaVinci Resolve/Contents/Resources/Fusion/Templates/Edit/Transitions

Windows:
C:\Program Files\Blackmagic Design\DaVinci Resolve\Fusion\Templates\Edit\Transitions

上記のフォルダにコピーすればインストール完了です。

DaVinci Resolveを再起動して[ビデオトランジション]を開きます。

下にスクロールすると[Fusion Transitions]という枠が生成され、その中にインストールしたトランジションセットが並んでいるのがわかります。

DaVinci Resolve17では表示された文字の上に置いたカーソルを左右に動かすとプレビュー画面も連動して動くので、動作が確認できます。

あとは使いたいトランジションをカットとカットの境目にドラッグアンドドロップするだけです。簡単ですね。

くるくる回って切り替わるようなトランジションもワンタッチで設定できます。

全トランジションを動画にまとめました。

まとめ

トランジションがすごいからといって、子どものようにトランジション効果を付けすぎると動画は死にます。ここぞという必要最小限の場面につけるのが動画制作のキモ。事前に一通り効果を試写して最適な効果を選ぶようにしましょう。

情報源は映像制作 株式会社ガイプロモーションfacebookです。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。