DaVinci Resolveで動画ファイルを圧縮する方法

動画ファイルの圧縮
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

撮影した動画データは相当なサイズです。
映像や音声は無圧縮・無劣化なので一部マニアには喜ばれそうですが、そこそこの映像で十分な人には重すぎます。
誰かに分けてあげたい時には圧縮して送ることができれば面倒もありません。
DaVinci Resolve は簡単な手順で巨大な動画ファイルを変換・圧縮できるので、その方法をまとめました。

DaVinci Resolveに取り込む

DaVinci Resolveを起動します。
メディアプールに変換・圧縮したい動画ファイルを読込みます。
動画ファイルはそのままドラッグ&ドロップしてタイムラインに置きます。
※メディアプールに読み込んだ動画ファイルを右クリックして、「選択したクリップをタイムラインに挿入」でも大丈夫。

DaVinci Resolveから書き出す

右端のデリバータブをクリックします。
レンダー設定からカスタムを選択します。

ビデオの書き出しにあるフォーマットとコーデック、解像度、品質をお好みの設定にします。
フォーマットは初期設定ではMOVとなっています。
MOVはアップルで使われる形式ですがデータ量は大きいのでMP4をお勧めします。
MP4は現在最も汎用性が高いファイル形式です。
コーデックはH.264のままで問題ありません。
解像度は、YouTubeで標準的に使われる1920x1080HDを推奨します。

特別な意図がないかぎり読み込んだ動画ファイルと同じ解像度がベストですが、画面を小さくしてもデータ量を減らしたい時などは780x480NTSCを選択します。ちなみにPALはヨーロッパなどの放送で標準に使われる形式なのだとか。

さらにデータ量を落としたい場合は品質の自動を外し、低い値を選びます。

これで映像まわりの設定ができました。

さらに動画をスリムにしたい場合はオーディオ設定からデータ転送速度の設定を小さな値にすることでデータ量を間引くことができます。

書き出し

設定がおわったらレンダーキューに追加をクリック。新規ジョブが画面右に表示されるので、レンダー開始ボタンをクリックすると動画ファイルの書き出しがはじまります。
書き出しが終了したら、保存先を開いて動画が問題なく再生されるか確認して下さい。

DaVinci Resolveで動画ファイルを圧縮する方法は以上です。

まとめ

編集ソフトを使うと、不要な部分をあらかじめカットしたり、複数のカットを編集でまとめて一本にすることもできます。




ABOUTこの記事をかいた人

元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。