Fusionキーフレーム の修正方法DaVinci Resolve17

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 Fusionキーフレーム の修正を書きます。

DaVinci Resolve17でせっかく打ったキーフレームが修正できずに、一度削除して再設定した人はいませんか。

特にわかりにくいのがFusionページでキーフレームを修正する方法です。解決策をまとめました。

Fusionページとは

DaVinci Resolve17でもAfter Effectsのようなアニメーションを作ることができます。

そのとき使うのがFusionページです。

Fusionページではノードという仕組みを組み合わせて様々な効果を作り出します。

アニメーション表示に使うキーフレームはプレビューモニターの下にあります。

この表示を目安にインスペクタを使ってタイムライン上にキーを打っていきます。

困るのは、一度打ったキーの位置を微調整したくなった時です。

After Effectsなどでは、タイムライン上のキーフレームをマウスでドラッグしたり、数値を変化させればできます。

しかし・・・・・・。

DaVinci Resolve17では、タイムラインのキーフレームを触ってもキーを移動することはできません。

エディットページのキーフレーム修正はわかりやすい位置にある

エデイットページでは、タイムライン上の映像部分の右下にキーフレーム修正用のアイコンがあります。

このアイコンをクリックすればキーフレームが開くので簡単に解決します。

ところがFusionにはそれらしきものがありません。

実は、Fusionでキーフレームを表示するアイコンは離れたところにありました。

編集画面の右上にあるキーフレームアイコンです。ここを押すことでキーフレームの調整パネルが現れます。

キーフレームの修正方法

Fusionページでキーフレーム操作を行います。

修正したいキーフレームができたら、スプラインとメタデータの間にある「キーフレーム」をクリックします。

するとキーフレームの編集画面がノードツリーの右横に現れます。

編集画面はレイヤー構造になっていて、それぞれのレイヤーが左横にあるノードと対応しています。

キーフレームの情報を見るには、キーフレームを打ったレイヤーをクリックします。

するとレイヤーの下にキーフレームの画面が現れます。

この画面はマウスを使って任意の位置に移動させることができます。

キーフレームを変更したいときはこの画面から行うのが正解でした。

まとめ

プレビューモニターのキーフレームはあくまで確認するためのもので、がっつり編集したいときは専用の画面から編集するようになっていました。

しかし、このユーザーインターフェイスはエデイット画面と操作方法が全く違うので、初心者にとってはかなりハードルが高い仕様のように思います。

わかってしまえば簡単ですが、使いやすさの視点から見ると改善の余地があるように思いました。

参考動画

独立して稼げる動画クリエイターを目指すなら​映像制作と実務案件を通して学べるスクールがあります

デザイナーがすすめる動画編集スクール6選 | ぶいろぐ