動画から静止画を切り出す iPhoneアプリ

動画から静止画を切り出す
フルタニ

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。 動画から静止画を切り出す を書きます。

うっかり動画モードで収録してしまったなんてよくありますよね。

動画じゃなくて写真で撮ればよかった!
iphone 動画から写真を スクショ以外でとり出すにはどうしたらいいの?

iPhoneで見た動画の一部を切り出したいと思った時。

動画を静止画として保存しておきたい時役立つアプリをご紹介します。

動画から静止画を切り出す iPhoneアプリ

動画アプリは数が多すぎて、いざダウンロードしようと思っても数が多くて迷います。

どれを選べばよいのか迷ってしまったら、アプリを紹介するサイトに注目。

いくつかのサイトで評価されたアプリの中でも取り上げられる回数が多いものが狙い目です。

Video 2 Photo – HD

使い方は、撮影した動画を用意してコマから好きなショットを探すだけの有料アプリ。

ボタンやスワイプ操作で一コマずつ確認しながら、画像にしたいポイントを探せます。

取り出した写真をトリミングできます。
「Video 2 Photo – HD」をApp Storeで

GifLab – GIF Maker & Editor

撮影した動画をワンタップでGif画像に変換してくれる無料アプリです。

テキストテロップ、リピート、早送りの機能もあります。

画質を落としたり、余分な部分はカットしたりできます。

「GifLab – GIF Maker & Editor」をApp Storeで

AfterShutter 4K

動画を再生中に、シャッターボタンを押すだけで静止画に切り出してくれる有料アプリです。

andoroidもあります。

AfterShutter 4K

MoviPic

動画から1コマを切り出して保存できる無料アプリです。

カメラロールの中に保存された動画を読み込み、任意の1コマを写真として保存してくれます。

アプリを起動して、写真フォルダの中から動画の入っているフォルダを選択。

切り出したい動画を選択して再生します。

切り出したいカットを選択して「写真保存」をタップすると、カメラロールの「動画→写真」フォルダーに写真が保存されます。

バーを動かすだけでコマを選択でき、画面を左右にスワイプすれば微調整も可能。

「-」「+」で1コマずつ移動する機能も搭載されています。

MoviPic

アプリを使わずに切り出す方法

動画アプリを使いたくない場合は最終兵器の登場。

スクリーンショットで画面をキャプチャする方法があります。

画質は最大iPhoneの画面サイズになってしまいますが誰でもできる方法です。

・iPhoneを横にして動画を再生し、一時停止ボタンを押す。

・動画下部のタイムバーを移動して静止画にしたい部分を選ぶ。

・適当な場所をタップしてタイムバーや再生ボタンなどを消す。

・静止画だけになった状態でスクリーンショット。画像は「写真」から確認できます。

  • iphoneX以降:サイドボタンと音量(上)の同時押し
  • iphone8以前:電源ボタンとホームボタンの同時押し
  • トリミングで両縁の黒い部分などの余分な画像を削除する。

スクリーンショットはアプリに比べ解像度の違いが出ます。

最近のiPhoneは4K動画(3840☓2160)に対応しているので、切り出してもトリミングしても十分鑑賞に耐えます。

プリントしたり、大きいモニターなどで見たい場合にはアプリを使った方がいいです。

自分に適した方法を選びましょう。

まとめ

アプリをダウンロードする前に、アプリ購入時にいくらかかるか・使いたいフィルターや機能の料金はどのくらいかなど、課金の有無を必ずチェックしましょう。

フィルターや機能を使いたいためによく詳細を読まないままに課金してしまった、という事例もあるので、想定外の支出が発生しないよう確認が必要です。