サムネイル一枚、安いか高いか

サムネの値段
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

動画づくりを始める人が増えています。

twitterを見てもinstagramを見ても動画制作を始める人ばかり。

制作環境のハードルが株価のように急落し、誰でも手軽にプロ級の映像を扱えるようになりました。

おかげさまで私のブログの閲覧数も順調に伸びています。(でも収益には全然つながりません)

動画ビジネス

最近は、動画制作を支えるわき役にも光が当たり始めているようです。

「サムネイルづくり」という稼業まで登場しました。

画像

委託価格はなんと1枚1,000円というので驚きです。

平均的な相場は1枚1,000円。場合によっては、500円なんてパターンもありますね。ただし!これは2020年の初頭の話なので、これから相場は下がっていくでしょう。

【最新副業】時給5000円以上も狙える「サムネイル制作」!|イケハヤ大学【ブログ版】

携帯端末で動画を見る時、視聴者はサムネイルを読み飛ばしていきます。

走り去る通行人の袖を引き立ち止まらせるためには目立つ工夫をつなくてはなりません。

ところがサムネイルというども広告コンテンツ。効果的なデザインは素人にはなかなかつくれません。そこに商機が生まれているのです。

相場価格は

Photoshopやillustratorをかじったことがある人ならわかると思いますが、YouTubeで流れているサムネイルのほとんどは非常に単純な作りです。

動画から人の顔を切り抜いて、フリー素材集からダウンロードした画像の上に乗せ、気の利いたコピーを考えて貼り付ける。

フォントを選んで縁やシャドウを配置する。最後にjpegなどの画像に吐き出せばでき上がり。

サムネの値段

この記事のバナーづくりにかかった時間は3分でした。

まとめ

YouTubeの一般的なサムネイルでしたら、たぶん10分以内に仕上げることができます。時給1,000円としても一日MAX50枚近く仕上げることも不可能ではありません。

つくったコンテンツには権利が発生しますが、 デザインを生業としている人にとっては技術単価が安すぎるので手は出せない分野です。

プロは参入しない。かといって動画制作者は動画本体づくりに時間をとられ、デザインスキルは持っていない。

そう考えてみると結構すごい仕事のように思えます。