格安で高品質な動画用の音楽は「Artlist」がベストという5つの理由

こんにちは、フルタニです。放送局で番組づくりをしてました。
映像制作をする上で重要なのが音響効果です。

低予算の動画では音響効果さんにお願いするわけにはいけません。経費を抑える上でも楽曲を提供しているのが音楽サイトを利用することをお奨めします。

今日は楽曲選びに欠かせない音楽サイト「Artlist」について紹介します。

その前に、解約についての問い合わせにお答えします。

解約方法はメールで連絡

契約したメールアドレスから、ArtlistのSupport Teamにメールで【cancel my subscription】と送信するだけです。

Artlist(アートリスト)の解約方法が分かりづらい。実際に解約してみた。 – 武藤正隆@WEBオプティマイザー

音楽サイト 無料と有料どちらを選ぶ

動画に使う音楽素材は料理にたとえて言えば「味付け」にあたります。

なにげない会話シーンでも、選曲や効果音の付け方次第で映像の印象はがらりと変わります。曲を当てればコメディ調にも不気味なタッチにも、音楽はコンテンツの印象を自由自在に操ることができます。

BGMサイトには有料、無料さまざまなサービスがあります。自分に合ったサイトをブックマークしておくことが重要です。

無料BGMサイトのメリットはなんといってもコストがかからないことです。デメリットは有料サイトと比べ品揃えが少ないこと。サイトによってはゲーム音楽には強いがそれ以外の楽曲は弱いサイトもあります。

もう一つは、あまり話題に上りませんが、自分のイメージに合った楽曲を探してみると編集時間よりもリサーチに時間がかかることもあります。

余裕があるときなるべく多くの楽曲を聴いて、使えそうな楽曲をキープしておくことも重要です。ある程度動画作りが軌道に乗ったら有料のサイトの検討も視野に入れましょう。

オススメは「Artlist」

最近、動画制作関係者の間で話題に上っているBGMサイトが「Artlist」です。 Artlistはイスラエル発のBGMサイトです。その魅力をざっくり言うと次の通り。

Everything!

Inspiring Music For Videos Simple And Original – Artlist.io

  • 年間199ドル 全楽曲が『CC0』
  • クリエイティブコモンの著作権フリー
  • ハイクオリティーな音源
  • 一度ダウンロードすれば、半永久的に使うことができる
  • 試聴版あり(ウォーターマーク入り)

年間199ドル(約21,000円)で音源のダウンロードと商用利用が可能な点が人気です。Artlistには6,000曲を超える楽曲が登録されていて、週150曲のペースで新曲が追加されています。曲の数が多いということはかぶりが少なく、とことこん自分のイメージに近い楽曲を選べるのです。

1日にダウンロードできる曲は40曲まで。制限はありますが、WEB上で試聴する分はカウントされないので事前に絞り込めば十分すぎる条件です。さらに料金や版権の内容、実用期間がハッキリしているのも安心です。

試用期間は無制限。途中で退会しても、それまでに一度ダウンロードした楽曲は半永久的に使い続けることができます。

絞り込み機能やブックマーク機能がまとめられているので、映像に合う曲をどんどん探し出してブックマークし、その中から使いたい楽曲を絞り込んでダウンロードすることが出来ます。

初心者は無料版から試せる

はじめての人は、無料版を試すことができます。無料版はウォーターマークという音声が局にかぶるというものです。正規の音源としては利用できませんがイメージを確認することは十分可能です。

まとめ

音楽素材や効果音素材はこれさえあれば万能というものはありません。仕事が出来る音響効果担当者は、暇さえあれば新曲を聴いて、使える楽曲のコレクションに励みます。集めた曲はすぐに探し出せるようにパソコンに整理し蓄えるのだそうです。

プロではない私たちはそこまですることはありませんが、使える曲を見つけ出す時間が節約できれば編集も格段に早くなります。音楽にも気を配ることで映像制作のスキルはカンタンに向上できるのです。