使って楽するDaVinci Resolve16.1最終版の全貌とは

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

パソコンを使って編集することを昔はノンリニア編集と呼んでいました。対するアナログ編集機を使った編集はリニア編集と呼ばれました。

2台以上のデッキを使いテープからテープへ映像をコピーするリニア編集に比べ、編集箇所を自由に選択できるノンリニア編集は、作業がラクになると言われてきました。

リニア編集の場合は、編集で冒頭部分に直しが発生すると頭から編集し直さなくてはならなかったからです。

長尺の番組ほど直した部分から後を延々コピーしなくてはならず、無駄な時間をかけざるを得ず、睡眠時間が削られた辛い記憶が蘇ります。

編集カ所を自由に入れ替えられる編集ソフトはありがたいものだと思います。

さて、DaVinci Resolve16.1の最終バージョンが公開されました。

DaVinci Resolve1 アップデート

ウォッチャーの記事によると細かな修正が行われ、使い勝手が向上した模様です。

今回は、ボーリングデテクター、スマートインジケータ、同期ビン、クローズアップ機能、複数のクリップの自動グループ化などの新機能が追加された。これらはカットページの機能だ。

DaVinci Resolve 16.1ファイナルバージョンがダウンロード可能に | cinema5D

「クリップ内の複数の顔を自動的に識別し、被写体をリフレームしてズームイン」とか「タイムラインの次の編集を簡単に見つける機能」「 ボーリングデテクター(冗長部分の検出器) 」など、カットページの使い勝手が良くなっていることがわかります。

注意しなくてはならないのは、改善にともなってOS周りの要件が自分のマシン環境に合っているか確認しなくてはならないこと。

まとめ

Windowsでは10のアップデートが必須のようです。当ブログにも 「DaVinci Resolve トラブル」で訪れる方が増えています。

GPUについてのシステム要件は変更なかったようです。

快適な編集を続けるためには、適宜アップデートをすることで使いやすい環境を作られた方が吉です。

DaVinci Resolve 公式ページ。ブラックマジックデザイン社サポートセンターから、 2019年10月16日に詳細がリリースされています。末尾参照。

DaVinci Resolve 16.1ソフトウェアについて

無料のDaVinci Resolve 16.1には、DaVinci Resolve 16.1 Studioと同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltra HD解像度以下に制限されます。DaVinci Resolve 16.1は、WindowsおよびLinuxでは単一の処理GPU、最新のMac Proでは2つのGPUのみをサポートします。

複数のGPU、4K出力、モーションブラーエフェクト、時間的および空間的なノイズリダクション、インターレース解除、HDRツール、カメラトラッカー、複数のResolve FX、3D立体視ツール、リモートレンダリング、外部データベースサーバーのサポートなどの機能が必要な場合複数のユーザーが同じプロジェクトで同時に作業できるようにするコラボレーションツールは、DaVinci Resolve 16.1 Studioにアップグレードしてください。

施設が拡大し、より高度な作業を行う場合は、アップグレードすることを決定してください。

DaVinci Resolve 16.1の新機能

カットページ

  • 最大9台のカメラのライブマルチビューで、タイムライン上の現在のショットの同期クリップカッタウェイを表示する同期ビンビュー
  • クリップのタイムコードベース、オーディオ波形ベース、インポイントまたはアウトポイントベースの同期を実行するクリップウィンドウの同期
  • キーボード上の希望のカメラ番号を押すことができ、スクロールダイヤルでカットアウェイの長さをライブで調整できる、Sync Binマルチビューからのライブ上書き
  • タイムコードとカメラ番号のメタデータを分析することにより、1台のカメラからのショットを自動的にグループ化するサポート
  • クローズアップは、DaVinci Neural Engineによって強化され、クリップ内の複数の顔を自動的に識別し、被写体をリフレームしてズームインします
  • 同期ビンビューからタイムラインを拡張して、タイムラインの次の編集を簡単に見つける機能
  • 再生ヘッドの位置に基づいて最も近い編集ポイントがどこにあるかを示すタイムライン上のスマートインジケーター
  • 実行時間が長すぎる編集を検出するためのタイムラインインジケータを備えた ボーリングデテクター (冗長部分の屈検出器)
  • フラッシュフレームとジャンプカットのタイムラインインジケーターを備えたジャンプカット検出器
  • DaVinci Resolve Editorキーボードのスクロールダイヤルを使用して、最も近い編集ポイントに目的のトランジションをすばやく見つけて適用する新しいトランジションダイアログのサポート
  • DaVinci Resolve Editorキーボードのスクロールダイヤルを使用して画像の四分円を簡単に選択することにより、画像編集で画像をすばやく適用するための画像モードでの新しい画像のサポート
  • DaVinci Resolve Editor Keyboardでスクロールとジョグのトランスポートを動的に切り替える新しいブレンドスクロールモードのサポート
  • ツールバーでのクリップの分割アクションのサポート
  • Alt / Option +タイムラインクリップオーバーレイのドラッグによるスライド編集の実行のサポート
  • メディアプール内のビンの追加とビン間でのクリップの移動のサポート
  • トップタイムラインの小さなカットの表現の改善
  • ビューアでソースメディアを選択してプレビューするときのサムネイルクリップのホバー動作を改善
  • 範囲エディターで長いクリップのインポイントとアウトポイントをスクラブするときの応答性が向上

編集(エディットページ)

  • プロジェクト設定がフレームカウントタイムコードを使用するように設定されている場合、クリップベースのフォーマットに埋め込みタイムコードを使用するサポート
  • タイムラインの複数の編集ポイント間でトランジションをコピーして貼り付ける機能
  • タイムラインでのクリップと編集ポイントの選択の切り替えのサポート
  • 編集アクション中に選択モードとトリム編集モードを一時的に切り替えるサポート
  • トラック名とトラック番号のバーンインとレンダリングタグのサポート
  • 1倍以上の速度で動的にトリミングする場合のオーディオのプレビューのサポート
  • 調整クリップのメディアプールへのドラッグのサポート
  • インスペクターでの調整クリップの名前変更のサポート
  • キーボードショートカットを使用した個々のパネルの表示または非表示のサポート
  • デフォルトのマルチカム命名動作の改善
  • マルチカムクリップを作成するときに、クリップ名またはファイル名の後に角度を付ける機能
  • マルチカム編集フレームを基になるソースクリップに一致させるサポート
  • マルチカムマッチフレームの実行時に正しいマルチカムアングルへの切り替えをサポート
  • タイムラインルーラーの目盛りとタイムコードの表示を改善
  • FinderからFinal Cut Pro 7 XMLファイルを開いてmacOSシステムでメディアまたはタイムラインをインポートするサポート
  • 編集タイムライン上のトラック宛先セレクターをAlt / Optionを押しながらクリックすると、そのトラックのみが選択されるようになりました
  • ミニトラックビューでトラック名を表示するツールチップのサポート
  • テイクセレクターで新しく追加されたテイクを自動的に選択するサポート
  • シングルビューアーとフルハイトのメタデータとエフェクトライブラリのサポートにより、編集ページのデュアルスクリーンの動作が改善されました
  • 人物の検出と分類のためにクリップを分析するときのパフォーマンスが向上しました
  • 位置キーフレームに滑らかさを適用するときのイージング動作の改善
  • クリップ選択がある場合のブレードの動作の改善
  • 字幕が存在する場合、編集タイムライン上のクリップと編集ポイント間を移動するときの動作を改善しました

フュージョンページ

  • メディアプールでスーパースケールが適用されたメディアの読み取りのサポート
  • Camera3DおよびCameraTrackerツールでのBlackmagic Pocket Cinema Cameraプリセットのサポート
  • 複数の入力レイヤーを持つコンポジションのメモリ管理の改善
  • マルチGPUシステムでのメモリ管理の改善
  • 単一GPUシステムでの視聴者の対話性と再生パフォーマンスの改善
  • レンダーオールセーバーのステータス表示の改善
  • 色域オプションとしてのACEScgのサポート

ResolveFX

  • ResolveFXストップモーション
  • ResolveFXおよびOpenFXプラグインがアルファチャネルを処理および変更できるようになりました
  • ResolveFX Light RaysおよびResolveFX Glowの加算合成のサポート
  • ResolveFX Match MoveおよびResolveFX Drop ShadowのOFXアルファの使用を自動的に有効にするサポート

カラーページ

  • ビデオ監視出力の現在のクリップに適用されたフラグの表示をサポート
  • HDRモードでのビューアオーバーレイを100 nitに制限するサポート
  • ギャラリーに保存されているバージョンから共有ノードグレードを更新するオプションのサポート
  • Blackmagic DaVinci Resolve Miniパネルでの立体視コントロールのサポート
  • Blackmagic DaVinci Resolve MiniパネルでのOpenFXコントロールのサポート
  • カラーページサムネイルからの高解像度65ポイントキューブLUTの生成のサポート
  • パワーウィンドウオプションメニューから既存のウィンドウに追加することにより、パワーウィンドウを貼り付ける機能
  • ノードナビゲーションを色補正ノードに制限し、ミキサーノードとスプリッターおよびコンバイナーノードを回避するための、色の下でのユーザー設定のサポート
  • 1976 u’v ‘ビューと、追加の参照色域を表示する機能を備えたCIEスコープの改善
  • DaVinci Neural Engineによって強化されたカラーマッチ処理の改善
  • タイムラインワイプフレームを表示メニューから前後に移動し、関連するショートカットを使用する機能
  • ライブプレビューが有効な場合のギャラリーからのタイムラインクリップグレードのプレビューのサポート
  • タイムラインメニューの2.0:1出力ブランキングプリセットのサポート
  • Fujifilm F-Logカラースペースのサポート
  • カラーアプリケーションメニューのハーフステッププリンターライトのメニューエントリを復元

フェアライトページ

  • DaVinci Resolve Studioのプロジェクトレベルで96 KHzおよび192 KHzのサンプルレートをサポート
  • Fairlightミキサーのメインバスのクリッピングインジケーターのサポート
  • バイナリおよびワイルドカード検索のサポートによるサウンドライブラリ検索の改善
  • リバーブやその他のテールエフェクトを備えたオーディオクリップのオプションメニューから延長バウンステール持続時間を有効にするサポート
  • リバーブおよびその他のテール効果のテール持続時間しきい値のカスタマイズのサポート
  • トラック入力を手動でパッチするときに、オーディオトラックの挿入を自動的に有効にするサポート
  • タイムラインのロードおよび切り替え時のパフォーマンスの改善
  • ネストされたタイムラインの波形プロファイルを生成するときのパフォーマンスが向上しました
  • FairlightFXプラグインのメーターのピークホールドおよび減衰動作を改善
  • 他のウィンドウの上に個々のオーディオエフェクトウィンドウを表示および保持するためのサポート

メディアと配信(デリバリーページ)

  • コンテンツを変更せずに非圧縮クリップのレンダリングを高速化するためにビデオエッセンスを保持する機能
  • ProRes IMFのデコードとエンコードのサポート
  • DNxUncompressed half float形式のデコードとエンコードのサポート
  • QuickTimeクリップでのIMA4形式のオーディオのデコードのサポート
  • QuickTimeクリップでの浮動小数点オーディオのデコードのサポート
  • フレームまたはクリップを処理できない場合にレンダリングを停止する設定のサポート
  • 浮動小数点TIFFイメージのデコードのサポート
  • DPX 10ビットRGBAファイルのデコードのサポート
  • DaVinci Resolve StudioでのAVC Intra 50、100、および200のエンコードのサポート
  • タイムラインレンダリングのユーザー選択可能なオーディオサンプルレートのサポート
  • AMDグラフィックスカードでGPUアクセラレーションを使用してH.264およびH.265クリップをデコードするときのパフォーマンスが向上しました
  • DaVinci Resolve Studioで50fpsをサポートするPanasonic SHV 8Kへのエンコードの改善
  • QuickTimeコンテナメタデータの読み取りのサポートの改善
  • Pro Toolsのビデオとオーディオのみのエクスポートを無効にする機能
  • 複数のオーディオトラックを含むEDLのエクスポートのサポート
  • アダプティブオーディオトラックを個別のモノラルチャンネルとしてレンダリングする機能
  • 配信ページのプリセットを使用してタイムラインをPro Toolsにエクスポートするときに字幕をエクスポートする機能
  • Pro Toolsエクスポートプリセットを使用する場合、同期オーディオクリップの埋め込みオーディオタイムコードのレンダリングをサポート
  • ARRI SDK Full Res debayerを使用してARRIRAWクリップをデコードする際の、CUDAシステムでのGPU加速ディベイヤー処理のサポート
  • アップロードされたビデオの説明、可視性、およびパスワードを設定するためのオプションを備えたVimeoレンダリング設定の改善
  • 不適切なオーディオトラック設定でIMFまたはDCPパッケージをエクスポートする際の警告のサポート
  • スパンされたAVCHD MTSクリップのデコードのサポート
  • JPEG 2000クリップをデコードするときの再生速度の改善
  • 長いwavファイルをメディア管理するときのパフォーマンスの改善
  • QuickTimeクリップをネットワークマウントされたドライブにレンダリングするときのパフォーマンスの向上
  • 多数のクリップを含むビンに切り替えるときのパフォーマンスの改善
  • 多数のメディアプールクリップを削除するときのパフォーマンスの向上
  • 単一のマルチチャンネルオーディオトラックを個別のwavファイルとしてレンダリングするときの動作を改善
  • ProRes 4444の再生パフォーマンスの改善
  • 単一フォルダー内の複数のPanasonic P2ショットを個別のクリップとして識別およびインポートするためのサポート

全般

  • DaVinci Resolve Studioの追加ディスプレイでのClean Feedビューアーモードのサポート
  • Play Slowコマンドを使用して、現在の再生速度を半分、半分、1 / 4、1 / 8の速度で再生する機能
  • 追加のフラグとマーカーの色のサポート
  • 良いtakeタグを1ではなく#に解決するためのサポート
  • クリップ属性で48fpsクリップの代替フレームを繰り返し、24fpsのキャプチャと再生をエミュレートする機能
  • プロジェクトの復元またはインポート時に元の作成日メタデータを保持するためのサポート
  • Wacomタブレットを使用してパラメーター値を編集するときの動作の改善
  • メディア、編集、ページの切り取りでの再生パフォーマンスの向上
  • プロジェクトをライブ保存するときのパフォーマンスの改善
  • コラボレーションワークフローでプロジェクトを保存するときのパフォーマンスの改善
  • 可変フレームレートのQuickTimeファイルの再生品質の向上
  • プロジェクトの削除をサポートするスクリプトAPIの改善
  • プロジェクト設定とクリップ属性からフレームレートとスーパースケールプロパティを取得および設定する際のスクリプトAPIが改善されました
  • macOSシステム上の任意のメディアストレージの場所でのバッファーなしI / Oの無効化のサポート
  • WindowsおよびLinuxシステムでのALACファイルのデコードのサポート
  • プロジェクトマネージャでプロジェクトをOption / Alt右クリックして、ディスクデータベースのプロジェクトを最適化するオプションのサポート
  • [ファイル]メニューからプロジェクトノートにアクセスして編集するためのサポート
  • データベースを共有してアクセスキーを生成するときに、プロジェクトサーバーアプリケーションから優先ネットワークインターフェイスを選択するためのサポート
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

インストール前の注意事項

DaVinci Resolve Studio 16.1では、DaVinci Resolve MicroおよびMini Panelのファームウェアアップデートが必要です。

macOSの最小システム要件

  • macOS 10.14.6 Mojave
  • Fusionを使用する場合は、16 GBのシステムメモリが推奨され、32 GBが推奨されます
  • Blackmagic Design Desktop Videoバージョン10.4.1以降
  • RED Rocket-X Driver 2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降
  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

Windowsの最小システム要件

  • Windows 10アップデート
  • Fusionを使用する場合は、16 GBのシステムメモリが推奨され、32 GBが推奨されます
  • Blackmagic Design Desktop Videoバージョン10.4.1以降
  • NVIDIA / AMD / Intel GPUドライバーバージョン– GPUの必要に応じて
  • RED Rocket-X Driver 2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降
  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

Linuxの最小システム要件

  • CentOS 7.3
  • 32 GB以上のシステムメモリを推奨
  • Blackmagic Design Desktop Videoバージョン10.4.1以降
  • NVIDIA / AMDドライバーバージョン– GPUの必要に応じて
  • RED Rocket-X Driver 2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降
  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

MacでのPostgreSQLデータベースサーバーのアップグレード

  • DaVinci Resolve 12.5.2まで、MacインストーラーはPostgreSQLバージョン8.4.2に同梱されていました。macOS Sierra 10.12以降、PostgreSQLバージョン8.4はサポートされなくなりました。最新のOSにアップグレードする場合は、macOSをアップグレードする前に、PostgreSQLデータベースサーバーをバージョン9.5.4にアップグレードする必要があります。PostgreSQLのインストールがアップグレードされ、データが移植されたら、macOSのアップグレードに進むことができます。

MacでのPostgreSQLバージョンのアップグレードを簡素化するアプリを提供しています。アプリと手順は次の場所にあります。

/Library/Application Support/Blackmagic Design/DaVinci Resolve/Upgrade PostgreSQL

フォルダ。DaVinci Resolve 12.5.3以降、新規インストールにはPostgreSQLバージョン9.5.4が含まれます。